気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

姨捨SA・月の里カフェ・山賊焼きクレープ

2017-06-10 19:25:21 | B級グルメ
昨日、会社の経営計画発表会は午後3時に終わり、それぞれの支店が帰路に。
伊那支店の私たちも、長野道に入り、一路伊那市へ向かいました。
しかし、さすがに、お昼ご飯がおむすび2個では腹が減ります。
姨捨SAに寄って、腹ごしらえをすることになりました。
先に飯田支店の面々が到着していて、売店で合流。
レストランに入る者はいなかったですね。
皆、それぞれ売店で菓子パンや調理パンを購入して、小腹を満たしていたみたいです。
私は、「月の里カフェ」。
SA内に、ちょっとしたファストフードの店があります。





何にしようかな?
ん!?「山賊焼きクレープ」?
これなら、小腹満たしに十分かも。
480円(税込)支払って、購入いたしました。

このクレープ、その場で皮を焼いてくれます。
ちょっと、皮が黒っぽいのは、そば粉を小麦粉にブレンドしているからであります。
そば粉の香ばしい良い香りがしますよ。
で、肝心の具です。
食べ易いように、一口大サイズの山賊焼きがクレープ内に3個入っていました。
味付けは良い(にんにく醤油味)のですが、残念ながら硬い。
恐らく、数時間前に揚げたものをホットケースで保温していたんでしょうね。
惜しいなあ---。
レタスはシャキシャキ、にんにくチップもカリカリで良いアクセント、さらにタルタルソースも美味しかったのになぁ~。
本当に残念です。







一口大のを3個入れるのでは、唐揚げクレープ、若しくは竜田揚げクレープですよ。
“山賊焼き”と名乗るなら、大きい胸肉の山賊焼きを3等分か4等分に縦に長く切って、クレープに入れた方が良いと思います。
そう、ロングソーセージ状にして入れるのです。
もちろん、柔らかい肉を使うのが条件ですが。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セブンイレブン・おむすび&... | トップ | 300円が25万円に! »
最近の画像もっと見る

B級グルメ」カテゴリの最新記事