気が重いよ…伊那篇

落ちるところまで落ちた男の日記

四方路・公園出張店・ソースかつ丼

2017-04-27 19:47:17 | ローメン&かつ丼
すみません、今週のブログは、先週末の出来事ばかりです。
先週末、イベント・飲食とも凝縮されてますね~。





高遠城址公園でのお花見。
昨年は、お持ち帰りで購入した「四方路(すまろ)・公園出張店」の「ソースかつ丼」ですが、今年は実店舗で食べようと入店いたしました。
ソースかつ丼は、900円(税込)です。
10分ほどで、運ばれて来ました。
昨年は、お持ち帰り用を購入して、1時間後に食べたのですよ。
ソースだれがすっかり、かつに染み込んでいたので分からなかったのですが、四方路のソースだれは、超濃厚だったのですね。
見てください。このトロトロ・テカテカのソースだれ。
私の好みとしては、サラサラのウスターソース&醤油を感じるソースだれが好きなのです。
この濃厚だれは果たして---。



一切れかつをパクリ。
ん!?これはこれで美味しいですよ。
色んなソースをブレンドしているんでしょうね。
サラサラタイプには無い、味の奥深さを感じます。
キャベツやご飯に染みた濃厚だれも旨い!



かつは、ロースでは無く、ヒレですかね。
私は、ロース派なのですが、これだけ柔らかくて、コクがある肉ならば、ヒレでも全然OKです。
トロトロソースだれが、ヒレかつに良く合っています。
美篶にある四方路・本店でも、ヒレかつ&濃厚ソースだれで提供しているのでしょうか?
今度、食べに行かないと---。

これが昨年のお持ち帰り用かつ丼(1時間経過後)


この記事をはてなブックマークに追加

伊那みはらしいちご園でいちご狩

2017-04-26 19:38:13 | 日記
今日のネタも、本日行ったのではありません。
先週末に、客人と楽しませて頂きました。
伊那市西箕輪羽広にある「みはらしファーム」は、季節によって、色々と収穫体験が出来ます。
今の季節は、何と言っても「いちご狩」。
1月に1,800円だった大人料金が、1,400円まで下がりました。
この日のハウスナンバーは9。
こうやって、毎日、ハウスのローテーションをしているので、安定した収穫が可能なのでしょうね。







収穫出来るいちごの種類は、女峰・章姫・紅ほっぺの3種類。
とにかく、時間無制限(閉園時間迄)で、いちごが食べ放題です。
受付で、プラ製の練乳入れ兼ヘタ入れを貰います。
練乳のお代わりは無料。
ただし、いちごの持ち出しは厳禁であります。

さあ、思いっ切り食べましょう。
赤く熟していて、大きいのを狙います。
結構、入園者が大勢いますが、赤く熟した大きいいちご、いっぱいありますよ。
調子に乗って食べていたら、あっという間に30個くらい食べちゃいました。
私の好みは、女峰ですね。
甘みと酸味の割合が絶妙。
いわゆる“甘酸っぱい”いちごの代表格です。





十分、元は取れたと思います。
5月11日~6月上旬は、いよいよ大人入園料が1,100円の最安値になります。
要予約!

この記事をはてなブックマークに追加

ひまわり亭・信州産豚ロース・ソースカツ丼

2017-04-25 19:13:03 | ローメン&かつ丼




今日の訪問ではありません。
先週末、お客さんが来ていたので、あっちこっち案内していました。
駒ヶ根市の光前寺に行く途中、伊那食品工業の「かんてんぱぱガーデン」(伊那市西春近)に立ち寄りました。
ここでお昼ご飯。
かんてんぱぱガーデンは、食事処だけでも園内に3つあります。
今日は、初めて入るレストラン「ひまわり亭」へ。
洋食中心のお店です。





私は、ひまわり亭お勧めの「信州産豚ロース・ソースカツ丼」(税込1,280円)を注文。
伊那市内のお店にしては、ちょっと値段がお高目ですが、味噌汁と小鉢が2品付くというので楽しみに待ちましょう。
運ばれて来ましたよ。
例によって、フタが閉まらないのは伊那のソースカツ丼ならではです。
でも、キャベツによる上げ底ではありません。
立派なロースカツが2段重なっております。
ソースだれは、私が好きなサラサラの甘辛タイプ。
揚げ立てのサクサク衣に、良い具合にソースだれが絡まっています。





肉ですが、信州産豚ロースですからね。
柔らかくて、コクがあって、ジューシー。
端っこの脂身がまた旨いんだ。
脂身が美味しいカツ丼、久し振りに食べましたよ。



味噌汁ですが、スープ用糸寒天が入っています。
さすが、寒天メーカー。
あと、小鉢にも、きのことワカメと寒天をドレッシングで和えたものがありました。
この寒天のコリコリ感が堪らないですよね。
小鉢のもう1品は、エリンギの煮物。
醤油が芯まで染みて、触感も抜群。
味噌汁と小鉢2品、大変美味しかったです。

この記事をはてなブックマークに追加

春日公園・花見小屋・串正のローメン

2017-04-24 19:43:02 | ローメン&かつ丼








昨日、日曜日のお話です。
春日公園のサクラは、今、ソメイヨシノが満開です。
本丸付近のヒガンザクラ?はお終い。
テレビアンテナ付近のシダレザクラは、これから見頃を迎えます。
公園の広場は、家族連れでいっぱいです。

春日公園の花見小屋は、現在1軒。
西町の「串正」が店舗を出しています。
せっかく、花見に来たのですから、串正の料理を何か食べていきましょう。
1番人気は、やっぱり、串正だけに焼鳥。









私は、串正のローメン未経験のため、敢えてローメン(税込750円)を注文いたしました。
確か、紙に書かれた人気順位では5番目だったと思います。
10分ほど待って、番号を呼ばれました。
スチロール皿には、焼きそば風のローメンが盛られています。
麺は服部製麺製ですかね。
プルプルしています。
キャベツと羊肉(マトン?)も美味しそうです。







まずは、麺を一口。
ちょっと薄味ですかね。
いいんですよ、テーブルには色々調味料が置いてありますから、自分で味付けするのが流儀です。
酢と追加のソースで、自分好みの味になりました。
羊肉も柔らかくて美味しい!
結構量があるのも嬉しいです。

春日公園で、桜吹雪の中、串正のローメン、ご馳走様でした。

この記事をはてなブックマークに追加

サンデー・ミュージックBOXで読まれたよ

2017-04-23 22:01:05 | 昭和レトロ
SBCラジオ、日曜午前10:00~11:00放送の「サンデー・ミュージックBOX」。
私と同い年の小林万利子アナがパーソナリティの音楽番組です。
一応、’60~80年代のフォーク・ニューミュージック中心。
この番組に、今までリクエストを出さなかったこと自体が不思議です。
毎週毎週、必ず聴いて、昔を懐かしんでいるのにね。
「SBC65周年記念番組・第1部」
「武田徹の日曜音楽夢工房」
と、ここ1ヶ月で、初めてメッセージを読まれた音楽番組が2つ。
3つ目がサンデー・ミュージックBOXとなりました。



私がリクエストしたのは、古谷一行の「思えば遠くへ来たもんだ」。
昭和56年(1981年)3月~4月にかけて、TBSで放映された同名ドラマの主題歌です。
映画の方は、前年に武田鉄矢主演でロードショーされています。
で、このドラマの舞台が、当時の上伊那郡高遠町(現伊那市高遠町)だったのです。
ロケも高遠で行われました。
今でも、ユーチューブにこのドラマのオープニングがアップされていますので、興味がある方は見てみてください。
36年前の国鉄バスに高遠駅、懐かしいですよ。
当時、大人気の斉藤とも子とか、まだ売れない頃の時任三郎が生徒役で出演していましたっけ。

まんまと、「想い出のジュークBOX」というコーナーで読まれました。
そして、海援隊バージョンでは無く、古谷一行版のレコードが流れたのでありました。
更に、番組最後のクイズにもこの思えば遠くへ来たもんだが登場。
「当時のロケ地はどこだったでしょう?」という3択問題。
3択も含めて、サンデー・ミュージックBOXをもう1回聴きたいという方は、「ラジコ」の「タイムフリー」機能を使って、聴いてみてください。

この記事をはてなブックマークに追加