座間郷総鎮守 鈴鹿明神社ブログ「社務日記」

神奈川県座間市に鎮座致します。鈴鹿明神社の「社務日記」です。神事や日々の様子、出来事、神社の豆知識をお知らせ致します。

兼務神社の例祭に向けて

2017年08月10日 13時45分35秒 | その他

『例祭』とはその神社に縁のある日に行われる年に一度のお祭りの事で、全ての神社に例祭日があります。

先日この鈴鹿明神社で例祭を終えたばかりですが、この晩夏から秋にかけては神社のお祭りが多い時期でもあります。 社務所では兼務神社での例祭の準備が少しづつ始まっています。

 こちらは御神前にお供えする『御幣』です

秋は田畑の収穫の時期であること、また収穫を終えるとしばらく農閑期に入ることから自然とお祭りの多い時期になっているとされています。

子供の七五三も当初年始にお祝いされていたものが、武家から庶民に広がるにつれて11月に行われるようになったとも言われています。

まだ蝉の鳴く中ではありますが、お盆が過ぎればすぐに秋祭り、また七五三の季節と続きます。 心の準備もしておかなければいけませんね。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成29年 七五三予約展示会開... | トップ | 山の日 »
最近の画像もっと見る

その他」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL