すずか*ぜ便り

季節の花や風景、美味しいものなど、日々の暮らしで見つけたものを気ままに撮っています。

蔵の街に花魁現る・2 ~花魁、川をゆく

2016-10-14 16:03:05 | 蔵の街





巴波(うずま)川で繰り広げられる‘江戸絵巻’。
第1幕は、川沿いの小路での花魁道中でした。

第2幕の舞台は川。
花魁一行は舟に乗っての道中です。





先頭を行く歌麿舟。
ミス何とか的なお嬢さんたちが同舟。
(すみません、紹介ナレーションは耳を素通り





続く代官舟。
お代官(市長)は今年もご満悦~。
(右の青い着物の女性は
お茶屋の女将)





一段と華やかな花魁舟がやってきましたよ。
やっぱり絵になる~。





第1幕は「歩き」と「ご挨拶」があり
緊張した面持ちの巴波(うずま)太夫でしたが、
舟の上では緊張が取れ、
だいぶ表情が和らいでいます。





第2幕は
栃木にやって来た歌麿たちが
豪商や代官とともに栃木の街づくりを考える、
というストーリー仕立てになっていて
船行の間、
声優さんたちが本人に成り代わり語っています。

いつもの演出なのですが、
今年はやけに長く感じました。





語りの間、
3舟は1幕の道中スタート地点(船行の折り返し地点)あたりに
ずっと待機状態のままだったんです。

中ほどにいた私は花魁の後姿しか見えず、
写真を撮ることもできない、
かといって最前列を離れるわけにもいかず、
本当に手持ち無沙汰な時間を過ごしました。

後姿の一行が遥か遠くにしか見えない、
終点近くにいた人たちはもっと気の毒でしたよね。

花魁たちも
観衆の視線が注がれている中での待機は
困ったんじゃないかなぁ。

気まずい時間を長くしてしまった
演出の失敗でしょうね~。










ようやく花魁たちが戻ってきて
撮影再開となりますが、
待ち時間が長すぎて
意欲がダウンしたせいか
同じような写真ばかりになってしまいました

第2部に期待しましょう。





(栃木市・巴波川沿いにて)
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蔵の街に花魁現る・1 ~巴... | トップ | 記憶に残したい花風景・20... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とちぎ民)
2016-10-14 18:13:22
初めまして。
たまたま歌麿道中の写真を見ていましたら、こちらにたどり着きました。
私も毎年見に花魁道中を見に行くのですが、今年の花魁役の方は歩き方も表情もとても堂々として大変良かったです。美しく華がありやはり役者さんかなにかプロなのかなぁ、、、と。
確かに花魁船がなかなか動かず、長い時間停まっていたように思います。橋の上で待っていたのですがなかなか来ず写真がほとんど撮れませんでした(._.)
>とちぎ民さん (涼香)
2016-10-15 19:08:55
コメントありがとうございます。
とちぎ民さんも行かれたのですね^^

花魁道中は華やかさと
江戸時代にタイムスリップしたかのような
非日常的なシーンが病みつきで
私もほぼ毎年行っています。

言われてみれば
今年の花魁さんは歩き方も上手だったし、
セリフがあったというのは
もしかしたら演劇経験者だったからかも、ですね。

今年はどういうわけか舟が動かず
よく見える人と全く見られない人との差が出て、
不公平だなぁと気になりました。
来年はたくさん写真が撮れるといいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む