る・しょこら

あっさり さっくり しつこく...中年女の日常を とことん気ままに書き綴っております






広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サンダカン八番娼館 望郷 評価は★★★★★

2005-03-07 | 映画大好き
「田中 絹代」は、話には聞いていたが 日本の歴史に残る女優だと納得しました。

歳をとった時の役だったが、あの表情は役者魂と思えるほどの演技です!
1974年の映画 とゆうことは、私が小学生かぁ

しかし、見終わった後、深く深く残りました。

海を渡って、日本を支えた女たちの、帰国したあとも 居場所のない苦悩で孤独な人生を見過ごしてはいけない使命感ににた気持ちになりました。

あまりにも、あまりにも悲しい。。。後半の田中絹代の演技には、涙がとまりませんでした

記者である栗原小巻との別れのとき、「よかったら、あんたのそのてぬぐいをくれんかね」「これでこのてぬぐいつかうたんびに、あんたのこと思い出す」っていって号泣する場面が、たまらんかったです。

自分の生き方を、たった一人でも理解してくれた人生であったのだけれど、冷たい村の人たちがこのばぁさんの骨をひろってくれるかどうか、あやしいものだ!

血のつながりは無くとも、本当の親子のように、いやそれ以上に 心通じあえる人と会いたい。。。。そう思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仮面の男  ★★☆☆☆ | トップ | ギルバート・グレイプ ★★☆☆☆ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
田中絹代 (辻孝夫)
2005-03-07 08:43:29
絹代(!)です。

この映画の後2年後に67才でなくなりました。溝口、小津、木下、黒沢、市川そしてこの熊沢と日本の一流監督のもと素晴らしい演技を演じた女優さんでした。
やはり^^; (すず)
2005-03-08 06:43:38
予感してました

「絹代」と一発で変換できたのに、わざわざ変えてしましました

コメントしてる間に、直せば、とゆうことなんですけど、また後日なおしとこー!っと。

教えていただき、ありがとう
なかなか厳しい (Mondo)
2005-03-24 11:09:29
こんにちは 遊びにきちゃいました。

★3つとは厳しい評価ですね。

ワタクシ的には★5つあげたいですけど・・・。

またいろいろ見させていただきます。

TB送っておきます
Unknown (るる)
2005-06-11 22:27:17
ごめんなさい。

間違って、異なる内容の記事をトラックバックしてしまいました。

正しい内容のものを送信しますので、以前の分は削除してください。

宜しくお願いします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
向こう側に見えたもの~サンダカン八番娼館~ ( zooの生活)
前回ご紹介したボルネオ発の本に関連して, 今回は少々まじめにこの地が舞台となった一冊の本のご紹介。 『サンダカン八番娼館―底辺女性史序章』 今から2~3年前,ボルネオへ行ったのはホントにのんびりするため。 当時,ちょっといろんなことで疲れていた私を妹が
サンダカン八番娼館 望郷 (Mondo の つ・ぶ・や・き)
CSで『サンダカン八番娼館 望郷』を見ました。 からゆきさん と呼ばれる海外売春婦の悲しく衝撃的な話が 孤独に暮らす老婆から語られる話である。 女って悲しいね。 貧乏って悲しいね。 戦争はイヤだね。 なんだかいろいろな思いが交錯します。 自分が抱えてい
Amazonに書いた「サンダカン八番娼館 望郷」カスタマーレビュー (Rotter\'s Blog)
投稿規定文字数の 800字はオーバーしてるでしょうね(^_^; どこがどう削られるかの興味もあって、そのまま投稿しました。 ------------------------------------------------------------------ 私が本作を知ったのは、ロス疑惑の三浦和義氏の親戚として知った水の江...
竹内てるよ(詩人) ( るる☆女を語ってみました。)
町をうたってとおる子供の声がきこえると、病床の私のからだは突然あつくなり、こみ上げてくる咳に苦しみながら、唇から血液があふれて来る。そしてその上にあつい涙がしたたりおちるのでありました・・・私の亡き子徹也よ。こうした25年を経て、あなたにめぐり逢った名古
山崎朋子(作家) ( るる☆女を語ってみました。)
〔愛人の変心怒り切る〕18日午前0時45分ごろ渋谷区代々木本町753で、代々木上原町1101女給大畑朋子(26)は、同****町*の***、会社員吉田茂三(29)に果物ナイフで頭などを切られ、3週間の傷をうけた。吉田は間もなく代々木署に自首した。朋子さんに男ができたの