Photo NEWS

北海道の江別より最新NEWSをお届けします。

死に至るまで

2010-11-30 16:57:38 | 今日の聖書の御ことば

     あなたが受けようとしている苦しみを恐れてはいけない。

    見よ。悪魔はあなたがたをためすために、

    あなたがたのうちのある人たちを牢に投げ入れようとしている。

    あなたがたは十日の間苦しみを受ける。

    死に至るまで忠実でありなさい。

    そうすれば、わたしはあなたにいのちの冠を与えよう。

       黙示録2章10節


この記事をはてなブックマークに追加

ゆっくり&エジプト・イスラエル派遣報告⑯完

2010-11-30 16:50:19 | インポート

へ行ってきました。数件の送金がありましたので が二台置いてあるで行って来ました。

昨日からので 道路の日陰部分はツルツル みんな ソロ~リ ソロ~リ ゆっくり運転でした。  雪道に慣れたら もう少し速く走れそう。 慣れるまで ガマン!

派遣報告最後になります。

エルサレムに入ったチームは ツアー組み ホテル組み セブンアーチーズホテルの庭で祈り込み組み・・と3コースに別れました。別れる前に 全員で 黄金門 ・ オリーブ山で礼拝しました。

P1020921

黄金門です。他の観光客は誰もいません。チームだけ。 オリーブ山に再臨された主が この門を通って神殿へ・・・と 聖書に書かれている門です。

礼拝し少し祈る時間が与えられました。 ここで全員そろって記念写真も撮りました。

オリーブ山からのエルサレム旧市街です。

P1020923

P1020924

エルサレムの平和のために祈れ。

「おまえを愛する人々が栄えるように。

おまえの城壁のうちには、平和があるように。

おまえの宮殿のうちには、繁栄があるように。」・・・詩篇126-6・7

本当に美しい街なのですが・・。

P1020925

すぐ下の道ユダヤ教に熱心なユダヤ人が歩いていました。四角い白い箱型のものはお墓です。

P1020933

セブンアーチーズホテルの前庭で礼拝を奉げ また 祈りました。

ホテルの庭です

P1020928

樹齢どのくらいでしょう。オリーブの大木があります。

P1020937

バラも咲いていました。

P1020934

夕暮れのエルサレム 

夕暮れまで祈りホテルへ戻ります。また来年も帰って来れる様に祈りながら・・・。

東京アンテオケ教会のHPにエジプト・イスラエルチームのダイジェスト映像がUPされています。どうぞご覧ください。

新年度がスタートして一月が過ぎようとしています。早いですね 明日から12月 新年に語られたみ言葉を握りながら 歩んで行きます。

エジプト・イスラエル派遣報告をご覧下さってありがとうございました。感謝。

お風邪など召しませんように お気をつけくださいね。

         神様の豊かな祝福がありますように。 


この記事をはてなブックマークに追加

神がキリストに

2010-11-29 20:02:16 | 今日の聖書の御ことば

    イエス・キリストの黙示。

    これは、すぐに起こるはずの事をそのしもべたちに示すため、

    神がキリストにお与えになったものである。

    そしてキリストは、その御使いを遣わして、

    これをしもべヨハネにお告げになった。

        ヨハネの黙示録1章1節


この記事をはてなブックマークに追加

雪&エジプト・イスラエル派遣報告⑮

2010-11-29 19:58:50 | 江別から感謝を

雪が降りました。

先週の北海道カリスマ聖会でご奉仕してくださった パウロ秋元牧師 ・・と 期待されておりましたが 残念! 今日降りました。

P1020959

P1020960

きれい~  外は寒いですが 家の中は半袖です。

派遣報告⑮

ガリラヤ→ハルマゲドン→カイザリヤ→エルサレムへ

P1020912

テルアビブの近く 車がすごい。イスラエルには何度か行ってますが テルアビブの駅?を見たのは初めて・・・と 言うことは いつも眠っていた?

P1020916

テルアビブの高層ビル群

P1020918

空港も近い

エルサレムに到着した頃は 渋滞にひっかかり 真っ暗でした。

エルサレム編は明日に続きます。

              神様の豊かな祝福がありますように。


この記事をはてなブックマークに追加

つぶやいてはいけません

2010-11-28 18:04:58 | 今日の聖書の御ことば

また、彼らの中のある人たちがつぶやいたのにならってつぶやいてはいけません

彼らは滅ぼす者に滅ぼされました。

     Ⅰコリント人への手紙10章10節

つぶやいたら 悔い改めましょう。つぶやきは罪です。


この記事をはてなブックマークに追加