Photo NEWS

北海道の江別より最新NEWSをお届けします。

聞き従う

2009-10-24 17:14:54 | 今日の聖書の御ことば

主は主の御声に聞き従ことほどに、

全焼のいけにえや、その他のいけにえを

喜ばれるだろうか。

見よ。聞き従ことは、いけにえにまさり、

耳を傾けることは、雄羊の脂肪にまさる。

   Ⅰサムエル記15章 22節


この記事をはてなブックマークに追加

冬支度

2009-10-24 17:02:10 | 江別から感謝を

P1000911

早々と冬囲いをしてしまいました。町内でトップかも。

派遣前にやってしまわなければ、あとは雪が降ったり、寒くなったりで、作業が大変になります。それで早くにお願いしてやっていただきました。感謝。

これでいつ雪が降っても大丈夫です。

P1030367jpg2

26日~エジプト・イスラエルチームが出ます。私も参加させていただきました。

私は明日の主日礼拝後、羽田経由で成田へ行き、成田前泊となります。

それで申し訳ありませんが、明日から7日までHPをお休みさせていただきます。

戻りましたら、派遣中のこと、色々ご報告させていただきます。

インフルエンザが流行しています。お気をつけ下さいね。ゴスペルクラブで奏楽のご奉仕をしてくださっている方は小学校の先生です。学校が休校したり、学級閉鎖になったりで授業が遅れています。その分を冬休みで取り返すべく、いつもより終業式は遅くなる・・と言っておられました。

これからもっともっと寒くなり、インフルエンザももっと流行しそうです。早くワクチンを接種できるといいですね。皆さんもどうぞご自愛くださいますように。

           神様の豊かな祝福がありますように。


この記事をはてなブックマークに追加

わたしを呼べ

2009-10-23 22:04:52 | 今日の聖書の御ことば

エレミヤがまだ監視の庭に閉じ込められていたとき、

再びエレミヤに次のような主のことばがあった。

「地を造られた主、それを形造って確立させた主、

その名は主である方がこう仰せられる。

わたしを呼べ

そうすれば、わたしは、あなたに答え、

あなたの知らない、理解を越えた大いなる事を、あなたに告げよう。~」

      エレミヤ書33章1節~3節

私たちの信仰は神様のことばへの信仰です。

神様のことばは必ずその通りになる・・と信じる信仰です。

神様は私たちに語って下さいます。

ですから神様に聞きます。

神様との交わりの中心は祈りです。祈りの中で私たちは色々な事を聞くことが出来、また神様からのことばを受けることができます。

問題が起こったときなど、祈りの中で神様に聞き、神様のことば・指示を受けることができます。

エレミヤ書33章3節で神様は「わたしを呼べ」・・と言われています。

”祈り”という電話で神様にかけると良いのです。

神様の電話番号・・・エレミヤ33の3・・主の電話です。


この記事をはてなブックマークに追加

エジプト・イスラエル派遣

2009-10-23 15:51:56 | 江別から感謝を

P1030333jpg2

P1030344jpg2

エジプト・イスラエル派遣が近づいています。10月26日(月)成田を出発します。

写真は昨年のです。

上:ガリラヤ湖上からのアルベル山。下:アルベル山から見たガリラヤ湖とマグダラの町です。

弟子たちに大宣教命令が語られたところです。

派遣時の写真を整理しなければ・・・と思いつつも、いつもそのままになっています。

一枚一枚開いては色々なことを思い出され、なかなか整理ができません。

それでも今年も、たくさんの写真を撮ってこようと思っています。(-_-;)

今年もシナイ山登山がないので喜んでいましたら、いるんですね。

”元気組み”が。シナイ山に登る人たちが何人かいるようですよ。(@_@;)

真夜中に登り、下山して私たちと合流し、共に礼拝を捧げます。

夜中ですし、寝不足が続きますから結構寒く、体力の消耗も大きいと思われます。守られますように。

今日も最高気温13℃、でも風がないのでそんなに寒く感じません。明日は庭木の冬囲いをします。毎年やってくれるおじさんも結構な年齢ですが元気です。丁寧な仕事をされ助かっています。お天気になりそうで良かった。\(^o^)/

          神様の豊かな祝福がありますように。


この記事をはてなブックマークに追加

イエスのいのち

2009-10-22 17:58:44 | 今日の聖書の御ことば

私たちは、四方八方から苦しめられますが、窮することはありません。

途方にくれていますが、行きづまることはありません。

迫害されていますが、見捨てられることはありません。

倒されますが、滅びません。

いつでもイエスの死をこの身に帯びていますが、

それは、イエスいのちが私たちの身において明らかに示されるためです。

       Ⅱコリント人への手紙 4章8節~10節


この記事をはてなブックマークに追加