三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

思い出

2017年03月15日 | Weblog

◎20170315.常盤中学校卒業式で思い出したこと。感じたこと。

・卒業式に参列できることの喜びを感じた。

・コサージュを着けている中学生を見て。県職員時代、コサージュが、まだ一般的でなかったころ、コサージュを着けましょうとアドバイスをしてくれたセンスのいいMさん。(私ではありません。)Mさんには、様々な面で助けられた。感謝。

(須坂園芸高校のコサージュは、(多分)本物の植物であった。さすがと感じた。)

・中学校時代の生徒会を一緒にやった生徒会長のI君。若くして亡くなってしまった。文武両道で、裏表のない誠実な友人だった。ご無沙汰していたが、初めての市長選挙の時には、ご無沙汰をしていたにもかかわらず、自分事として支援をしてくれた。感謝。ご冥福をお祈りする。

・自分の中学校の卒業式と比べ、格段に素晴らしい卒業式。

・最後の 卒業生合唱「友 ~旅立ちの時~」が歌い終わった時に、参加者とともに、指揮者の先生も拍手を行っていた。昨日の箱山愛香さん(リオ五輪 シンクロ銅メサリスト)が、演技終了後の井村コーチのお話をされていたが、そのお話と通じるものを感じた。

余談

長野県〇◯高校というが、長野県立〇〇高校とは言わない。

須坂市立〇〇中学というが、須坂市〇〇中学とは言わない。

こちらが「立」てば、あちらは「立」たず。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月14日(火)のつぶやき | トップ | 「求める」から「分かち合い(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事