三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

「いろんなことをして遊んでいる子ほど、本を読んだ時、よく反応するんですよ」

2016年10月16日 | Weblog

日本経済新聞 春秋 2015/8/19<input type="hidden" name="ag" value="201510162203" /><input class="JSID_dataForm_tokenSession" type="hidden" name="utoken" value="qsW5WGiT4VvWRMWNyLWAWPsiChKDS+9qBlVdelTavdL06M3A8P+BfY43ZiNt6Y2em2GYD2i0vQ+rmDCW03B1rZQAsJEn/CGOIC2jtqJSb3Vl7vGvlMfKITIEXByhZIY+tEc91XdMtskoOiW0JO0Q+UeYFCecgPCx6QM5EcaYbNJTLfSmPqLt+A==mPWIbVmj0G0=" /> 

「いろんなことをして遊んでいる子ほど、本を読んだ時、よく反応するんですよ」

 十数年前、名古屋での勤務のころ、夏に子どもらと夢中になったのはカブトムシである。繁華街から地下鉄で10分ほど。東山動植物園の周りの広い森で、早朝、樹液の匂いを求め進んで行くと「いた」。飼育箱から抜け出し、夜中に室内をブンブン飛んだのには驚いた。

▼こんな思い出も楽しいけれど、新学期まで、まだ10日以上。せっかくの機会だから、少しは本に親しんでほしいもの、と親としては反省も込めて思うのだが、以前、児童文学研究の松岡享子さんにインタビューをした際、こんな話を聞いた。「いろんなことをして遊んでいる子ほど、本を読んだ時、よく反応するんですよ」

▼主人公に一体化する。描かれた情景を思い浮かべる。そのためには、自分の感覚や運動器官を通じ、体にイメージを蓄えねばならない。ゲーム機ばかりを相手にしていては、本の中身を実感に変える力が、弱くなってしまうのだという。風を切って自転車を走らせ、汗だくになりアゲハを追う経験が子どもには必要なのだ。

▼大阪府高槻市で痛ましい他殺体で見つかった中学1年の女子生徒。同級生の男子生徒と「京都へ行く」「野宿する」などとLINEに残したという。夜の古都を歩いてみたい。そんな冒険心でもあったのだろうか。無事に帰っていれば、秘めやかな思い出として、幼い青春の糧ともなったろうに。踏みにじった犯人が憎い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月15日(土)のつぶやき | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。