三木正夫 好きです須坂! がんばろう!

信州須坂から徒然なるままに様々なことを書き記してまいります。

我慢できることは我慢しませんか。(広報すざか2014年7月号)

2016年10月17日 | Weblog

我慢できることは我慢しませんか

 須坂市の財政は、国の財政動向、市内企業の集約・機能統合などにより、歳入について一層厳しい情勢が予想されます。一方、歳出については、超高齢等による社会福祉関係費、公共施設維持管理費(注)の増加などが課題であります。こうした財政状況では、今後、基金(貯金)の減少、市債(借金)の増加が避けられません。
 これまでも、「真に必要か、必要でないか」、「あれば便利だが、なくても我慢できるもの」については、方針として行わないこととし、かつ、財源の工夫をして事業を進めてまいりました。須坂市を持続的に経営していくためには、この基本方針を今後も継続していきます。

公共施設や道路の新設の要望がありますが、ハード事業は、地域を必ずしも活性化するものではありませんし、恒常的な維持管理費もかかります。「ないものねだり」をするのではなく、「今あるものを活かす」ことが地域活性化になります。市財政は、家計と似ています。ともに、財源には限りがありますし、(意識も含めて)健全性の維持のためには、「しない勇気」、「断る勇気」が、必要と考えています。

注 信濃毎日新聞は、「礎はいま・インフラ老朽化の現状」という課題を取り上げ、全面掲載の特集を行っています。

(広報すざか20147月号)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月16日(日)のつぶやき | トップ | 10月17日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。