『世界』を読む会

寅さんの博も読んでいる『世界』を読んで、話し合おう。

11日、東久留米の10月例会は10名で熱く!

2016-10-12 13:33:11 | 日記

11日、東久留米の『世界』を読む会の10月例会を行いました。
10名の参加で、時間があっという間に、いつも以上に、熱い討論でした。

共通テーマは、
○ 西垣内さん提案の...
   「誰が『正しい』かを競う戦い」    酒井啓子
○ 須山提案の
   「『語り』に耳を傾けて」       熊谷晋一郎
○ 西崎さん提案の
   「サンダース、かく戦えり」      宮前ゆかり
○ 飯野さん提案の
   「『父と私』ー韓国シベリア抑留者たちとの対話」
                         小熊英二
                         でした。

その他のお薦めは、以下のモノでした。
● 巻  ・「瓦礫のただ中で紡ぎ出される希望の物語」
            ハニ・アブ・アサド×中村一成
                             

◎ 東久留米の『世界』を読む会、11月例会の予定

●日 時 11月8日(火) 午後6時半
●場 所 市民プラザ会議室(市役所1階)
●持ち物 雑誌『世界』11月号
○共通テーマ
  「東洋防災と地域コミュニティ」       中村八郎
  「豊洲移転はファンタジーになりつつある」
                      森山高至×中澤 誠
  「難民問題で暗転するメルケル政権」  梶村太一郎
  
● 連絡先 須山
     suyaman51@mail.goo.ne.jp

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小熊英二に勇気をもらいました。 | トップ | 練馬の10月例会は、5名で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL