みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

色づいて…

2017年07月17日 | ヨハネの福音書

ヨハネの福音書 4章27−42節

 金曜日は同労の夫妻を訪ねましたが、土曜日には別の同労の夫妻がわが家を訪ねてくださいました。いっしょにお昼をいただき、デザートは「苺ケーキ第二弾!」。水曜日に作った最初のものよりも確実によくなっています。写真…ですか? 作るのと食べるのに夢中で撮り忘れてしまいました。😓

 きょうの箇所では、二つの出来事が同時に進行しています。

 一つは女性と町の人々の出来事です。彼女は「来て、見てください。私のしたこと全部を私に言った人がいるのです。この方がキリストなのでしょうか」と町の人々に伝えます。

 イエスは女性に「あなたと話しているこのわたしがそれ(キリスト)です」とはっきりお答えになりました。彼女はそれでも信じることに躊躇していたのでしょうか。いいや、町の人が女性のことばを聞いて、イエスのほうにやって来たのですから、そのことばには説得力があったのです。そうであるとしたら、「キリストなのでしょうか」ということばは、あまりにも驚いて整理がつかない、しかし、ぜひ行ってみて!…というように響いてきます。

 もう一つの出来事は、弟子たちとイエスのやりとりです。弟子たちが食べ物を調達して井戸に戻って来た時に、イエスは女性と話しておられました。そのあと、女性はすぐに町に行きました。その間、イエスと弟子たちの間で不思議なやりとりがあります。

 そして二つの出来事には交差点があります。イエスは弟子たちに「目を上げて畑を見なさい」とお語りになりました。そのことばと、井戸をめざして町の人々がやって来る景色とが重なります。

 「色づいて」とは元々は「白い」ということば。ある種の麦は刈り入れ時には畑が真っ白に見えます。そのことを表しているのでしょうか。日本では多くは米を作りますので、「黄金色」なのですが…。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水を飲ませてください | トップ | ことばを信じて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。