みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

私を覚えて

2017年06月15日 | ネヘミヤ記

ネヘミヤ記 13章19−31節

 きのうは、1年前に神の許に召された方の墓地を尋ねました。どの墓も美しく花で飾られいつまでもそこに佇んでいたいほどの場所でした。当地に来て間もなくこの墓地の前を歩いてその方のオタクを尋ねたことを思い出しました。

 ネヘミヤ記はきょうで読了。毎度書きますが、「みことばの光」のサイクルでは五年間はここを読まないのはちょっと寂しいです。もちろん、いつでも読むことができるのですが…。

 先日、いつも一緒に「みことばの光」の編集打ち合わせをしている方が、「ネヘミヤは激しい人ですね」というようなことを言っておられました。きょうの箇所を読んでも、そのようなことを思わせることばが目につきます。

 神の前で誓約をしたにも関わらず外国の女をめとっているユダヤ人に、ネヘミヤは「彼らを詰問してのろい、…打ち、…毛を引き抜き…」などという仕打ちをするのです。何もここまでしなくとも、と思うような行動です。

 それとともに、このようなことをした後で、ネヘミヤが神に祈っているということに気づきます。それは彼が、自分の感情を爆発させて怒りに任せて行ったということではなくて、神にある確信をもって、やりにくいことをあえて行ったと考えられるのです。

 水曜日の祈祷会で、出席者の一人が13章14節にある祈りの一言に目を留めました。それは、「その務めのためにしたいろいろな私の愛のわざを、ぬぐい去らないでください」という祈りです。

 このような[愛のわざ」があるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大いにきげんを悪くし | トップ | 愛の対話 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。