みことばの光的毎日

聖書同盟「みことばの光」編集者が綴るあれこれ

行き違いを乗り越える

2017年06月20日 | 雅歌

雅歌 5章

 晴れて結婚し二人の生活が始まりましたが、ある日互いの間に行き違いが生じてしまう…、これが本章の始めに描かれている情景です。

 妻は食事を整えて夫の帰りを待っているが、夫は友とのつき合いで帰宅が遅くなってしまいます。妻は夫のことが気がかりになりながらも床に入って休んでしまいました。そんなところに夫が帰って来ます。しかし、妻は、夫への怒りをどこかに抱きながら戸を開けるかを躊躇して、それでも戸開けてみると夫はいないのです。

 このようなことは、今でもよく起こることのように思います。そんなこと、あるあるとうなずかれるかもしれません。夫婦であるがゆえに、行き違いが大事(おおごと)になるということもあります。

 二人は、そのような中で互いの結びつきを失うことなく、これを乗り越えて行く様子が後半に描かれています。「みことばの光」は、「彼女にとって愛する方の輝きは失せていない」と書いています。9節は「エルサレムの娘たち」が妻に問いかけることばです。それが、夫を自分にとってなくてならない存在なのだということに改めて気づかせるきっかけになったのではないか、とも考えられます。

 二人の間に問題が生じた時に、自分の言い分を感情を先に立てていまうと、抜差しならないところにまでいってしまうというのは、多くの人が経験していること。そのような中で、「あなたの愛する方は、…何がすぐれているのですか」と問いかけに答えることが、難局を乗り越える鍵のことばのようです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 何と美しいことよ | トップ | 成長 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

雅歌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。