素晴らしき「日本」

地球上で一番古い国、伝統のある日本

国会で追及してほしいことをお寄せください」

2011-07-23 07:43:42 | 日記
「国会で追及してほしいことをお寄せください」


「二重国籍」

ガソリーヌ

防衛省職員への暴言問題

女性をラブホテルに強引に連れ込もうとした○○党青年局長

自民党の女性議員を投げ飛ばした参院議員(すでに政界引退)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

国会で追及してほしいこと

2011-07-23 07:40:46 | 日記
「国会で追及してほしいことをお寄せください」


「二重国籍」

ガソリーヌ”

防衛省職員への暴言問題

女性をラブホテルに強引に連れ込もうとした○○党青年局長

自民党の女性議員を投げ飛ばした参院議員(すでに政界引退)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人への麻酔を減らしてやった!

2011-07-23 06:57:26 | 日記
 中国人女性歯科医「日本人への麻酔を減らしてやった!」=中国ネット「医師失格」「中国人である前に人であれ」 それは無理筋。

 韓国人に生まれてりゃ賞賛されてたのに残念だったね!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤルタ会談の密約をもとに、昭和 20(1945)年8月8日、満州や朝鮮、南樺太、千島に侵攻した。

2011-07-23 06:48:28 | 日記
 ソ連は米英の首脳と戦後処理を協議したヤルタ会談の密約をもとに、昭和 20(1945)年8月8日、日ソ中立条約を一方的に破棄して日本に宣戦布告 し、翌日以降、満州や朝鮮、南樺太、千島に侵攻した。

 これらの地域にいた日本人は、軍人や民間人を含め約200万人。ソ連軍の 攻撃や略奪、婦女子は暴行を受け、多くの犠牲者がでた。

 その後、ソ連との間に休戦協定が結ばれたが、武装解除した日本の軍人や 満蒙開拓移民団など60万人以上の人がシベリアなどに連行され、長期間過 酷な労働に従事させられたため6万人以上が亡くなった。

 強制抑留者には女性も5000人ほどいたとされ多くが従軍看護婦だったが、 帰国後、証言される人が少なく抑留下での実態は不明という。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教育勅語を読んでみようか!

2011-07-19 08:32:26 | 日記
教育勅語( 明治神宮のウエブサイトにある口語訳)

 『私は、私達の祖先が、遠大な理想のもとに、道義国家の実現をめざして、日本の国をおはじめになったものと信じます。そして、国民は忠孝両全の道を全うして、全国民が心を合わせて努力した結果、今日に至るまで、見事な成果をあげて参りましたことは、もとより日本のすぐれた国柄の賜物といわねばなりませんが、私は教育の根本もまた、道義立国の達成にあると信じます。 

  国民の皆さんは、子は親に孝養を尽くし、兄弟・姉妹は互いに力を合わせて助け合い、夫婦は仲睦まじく解け合い、友人は胸襟を開いて信じ合い、そして自分の言動を慎み、全ての人々に愛の手を差し伸べ、学問を怠らず、職業に専念し、知識を養い、人格を磨き、さらに進んで、社会公共のために貢献し、また、法律や、秩序を守ることは勿論のこと、非常事態の発生の場合は、真心を捧げて、国の平和と安全に奉仕しなければなりません。そして、これらのことは、善良な国民としての当然の努めであるばかりでなく、また、私達の祖先が、今日まで身をもって示し残された伝統的美風を、さらにいっそう明らかにすることでもあります。

  このような国民の歩むべき道は、祖先の教訓として、私達子孫の守らなければならないところであると共に、この教えは、昔も今も変わらぬ正しい道であり、また日本ばかりでなく、外国で行っても、間違いのない道でありますから、私もまた国民の皆さんと共に、祖父の教えを胸に抱いて、立派な日本人となるように、心から念願するものであります。』



 二千年も連綿と続いた国家は日本以外にはない。教育勅語的な発想が諸外国にはないからだ。
 教育勅語は、天皇が臣民に対し、国体を具体的に説明し、一緒に日本の伝統を継承していこうと語り掛けるもので、極めて日本的な発想である。
 まず、天皇は我が国をはじめた祖先を讃えているが、我が国が二千年以上も続いてきたのは、「全国民が心を合わせて努力した結果」だとしている。国家の存続を国民が支えてきたのだということを、明治天皇は説いているのである。このような教育方針を示した国家は、後にも先にも日本だけだろう。
 加えて、勅語は、親子、兄弟・姉妹、夫婦、友人などの関係の重要さを説き、学問や社会貢献の大切さを説き、法律や秩序を守ることの大切さを訴えている。この価値観は、家族制度に否定的な一部の極左を除けば、万人が共通して持つものだろう。最後に、明治天皇は、「私もこれらのことを実行するから、皆も一緒にこの道を歩んでいくことを願う」と、結んでいる。君主が民に命令するのではなく、一緒にこの道を歩んで行こうと言っているのだ。これが日本における天皇と臣民の関係性を示している。天皇は民とともにあるという意味で、少なくともこの時代、侵略と搾取が繰り返されていた欧州をはじめとする諸外国の王朝国家とは全く質が異なるのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加