素晴らしき「日本」

地球上で一番古い国、伝統のある日本

我々は連綿と続いた日本神話の中に生きている。

2017-07-06 21:59:18 | 日記
 虎の門ニュース真相深入りを聞いて

 小川榮太郎氏曰く

 憲法には「天皇は国民の象徴」と書いてある。政治的権能は有しない。

 
 一方、天皇は三権の長の任命権者である。だから三権の長より上にいる。


 日本古来より、国民は天皇の「おおみたから」であり、征夷大将軍は天皇の任命でなければ権力者に
なれなかった。

 外国人の作った現在の日本国憲法も同様で、三権の長は天皇が任命しなければ三権の長になれない。
国民が納得しない。

 アベ総理が、オオシマ衆議院議長が、ダテ参議院議長が、テラダ最高裁長官が、天皇に任命されて始
めて国民に認知される。


 マッカーサーも味なことをやるではないか。日本国をよく研究したなと思う。

 象徴とは三権の長の上にいること。国民は天皇の「おおみたからである。」こと。よって三権の長は
おおみたからを天皇の命により守らなければならない。

 よって、アベは必死である。拍手!!!

 だから憲法上、天皇は日本国の象徴であっても、何であっても、天皇は三権の長の上においでになっ
て、国民はおおみたから、三権の長はおおみたからを守らなければならない。


 こんなことは憲法に何と書いてあっても関係ない。不変である。

 これは神武天皇、いや、アマテラス以来不変であり脈々と続いて来た日本神話の「続き」である。

 我々は連綿と続いた日本神話の中に生きている。


 外国人、帰化人はこの中に入れない。なぜなら、神話の埒外だから。神話の時代には日本人ではなく
日本神話が想定した埒外の人々だから。

 最近はこれをヘイトとか言うらしいが、世界で一番永く、そして唯一存在する日本神話は不変である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は法治国家か放置国家か? | トップ | YOU-TUBE以外は真実を伝えな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事