素晴らしき「日本」

地球上で一番古い国、伝統のある日本

国連なんてヤクザな組織![UN=世界戦Ⅱの戦勝国]

2017-05-16 19:47:21 | 日記
 国連なんて日本国民(反日国民を除く。)が考えている、例えば日本の県庁組織とか市
役所とは全く違う、ヤクザな組織なんです。

 [UN=世界戦Ⅱの戦勝国]

 戦勝国=植民地支配の国

 日本の世界戦Ⅱは

 〇日本 対 英国☓
 〇日本 対 仏国☓
 〇日本 対 蘭国☓
 ☓日本 対 米国〇
 ※支那はリーグ戦不参加=国が無かった。

 日本は3勝1敗でリーグ戦なら米国1位、日本2位、3位以下は英国、仏国、蘭国なん
ですけれど。敗戦国は英国、仏国、蘭国なんですね。

 なのに、国連安保理の常任理事国は下記のとおりですが、まともな国はありますか???

 米国(勝利者)=原爆を2発も落とした世界でたった1つの国。
 英国(敗戦国)
 仏国(敗戦国)
 露国(不戦条約破棄国=国と国の条約を守れなかった国)
 支那(世界戦Ⅱでは国が無かった。八路軍=逃げ回って自国民を虐殺していた。)

 国連なんてヤクザな組織なんですね。

 支那や朝鮮がちょっとお金を積めば(ドルか円で積めよな、元やウォンはダメだぞ。)重
要なポストを簡単にくれます。(日本人曰く;いらねえ。)


 産経の記事から。

【国連委員会が「慰安婦」日韓合意見直しを勧告 「補償や名誉回復は十分でない」報告書
で両政府に】

【ロンドン=岡部伸】国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐ
る2015年の日韓合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧
告する報告書を発表した。在ジュネーブ日本政府代表部も確認した。

 勧告に法的拘束力はないが、韓国メディアは、事実上の合意再交渉を求めたと報じてお  り、日韓合意の「再交渉」を公約に掲げる韓国の文在寅大統領が勧告を基に日本政府に再
 交渉を要求する可能性がある。

 同委員会は拷問等禁止条約の批准国家が履行義務を果たしているかを監視するため19
87年に国連に設置された。日本は1999年に条約を批准した。国連では昨年3月にも、
女子差別撤廃委員会が「日韓合意によって問題が解決したとみることはできない」と勧告
している。

安倍晋三首相は11日の文氏と電話会談した際に合意履行を求めたが、文氏は「国民の大
多数が情緒的に受け入れられないのが現実だ」とした。
 (2017/5/13 産経新聞)

 国連委員会だの、国連「の」委員会だのと書いています。

 国連は6つの主要機関と15の専門機関およびそれらの補助機関という形でなりたって
います。
 今回の「日韓慰安婦合意は(韓国にとって都合が悪いから)見直すべき・・・キムチマ ネー美味しいです」という発表をした「拷問禁止委員会」とやらは国連直轄で人選してい
るわけでも直轄組織でもなく、外部機関として設置されたもので国連からは独立してやって
いる機関のようです。

 国連委員会ではなく、国連の外部に設置された補助的委員会。という位置付けになります。

「消防署の方から来ました。お宅は消火器置いてないので買ってください」みたいな扱い
でよいかと思います。

 そしてこういう所にいる連中がだいたいにして小銭を握らせれば簡単に要求通りの事を言
い出してくれる程度の組織。それが国連の外部委員会、国連の名前を使ってビジネスしてる
連中の程度でしょう。

 WHOですら各国からの委員をちょっと接待すれば中共が狙いどおりに支那人をWHOの トップにしたりできる程度ですから、さらに外部の委員会なんて推して知るべしでしょう。

 賄賂文化の中韓が狙い通りにポストをゲットできる程度には国連の中に集まっている連中
の程度はお察しなレベルだとブログ主は考えています。

 ぶっちゃけ金積めば自国の偏見に満ちた一方的な発表もできるのが国連です。

 そもそも[UN=国連]ではなく[UN=世界戦Ⅱの戦勝国]なのですから。

 日本は世界戦Ⅱのリーグ戦は2位ですよ。どうして敗戦国なんですか(怒・怒・)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  韓国が大好きな日本サッカ... | トップ | 「横田めぐみ」さんを武力で... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。