珍種プラシュスキー・クリサジークとの幸せ生活

チェコの国犬で、超小型犬のクリサジーク達と世界中を訪れる『けいこ』との日常

奇跡の子。You're a holiday.

2017年05月03日 03時31分17秒 | Weblog

にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ 人気ブログランキングへ 

ブログランキングblogram投票ボタン  ブログランキング ドット                                 ネット

GW 皆様 お楽しみでしょうね。

私は、受験生の授業があるのと 引っ越しの片付けで、お休みがありません(汗。

↑せめて Bee Gees の Holiday を聞いて、私のHolidayである

咲くや姫のお話を したいと思います。

↑「咲くちゃん」や「姫ちゃん」と呼ばれる咲くや姫は、

1,8kg~1,6kgの小さくて とっても可愛い女の子です。

これは、チェコのクリサジーク・クラブの役員達が、素晴らしいクリサジークと

絶賛してくれた写真の1枚です。

↑咲くや姫は、2013年2月10日 母ルシア、父オーディンの長女として生まれました。

次女は、日本初のブルー&タンのアスハ、末っ子は、おなじみのナイル君です。

元気いっぱいの子犬だった咲くや姫の悲劇が、始まったのは生後1ヶ月健康診断の時でした。

我が家出身の子犬達は、生後1ヶ月の健診で、視力、聴力、心音、四肢(パテラ)、歯と歯並び、

    泉門、皮膚 を調べてもらい、異常がなければ新しい飼い主さんへの養子縁組をさせて頂きます。
 
咲くや姫は、3年も子犬を待ってくださっていた ビジュー家へ行く予定でした。
 
ところが 咲くや姫には、心臓の雑音が 発見され、
 
先天性の僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)と心臓に穴が、あり、
 
3年しか生きれないと、犬の心臓病専門病院や5軒の獣医さんで言われたのです。
心臓の血液の逆流を防ぐはずの弁が、咲くや姫には 針の先程の穴が開いているだけなので
 
やがて血液逆流で 心臓肥大になり 死んでしまうと。
 
あどけない咲くや姫を 抱いて号泣しました。
 
勿論 ビジュー家に 養子入りは させれません。
 
3年も一緒に暮らして 亡くなるなんて 辛く悲しい思いは 誰にもして欲しくないのです。
 
泣いている暇なんてない、咲くや姫の為に 幸せな後悔しない3年を過ごさせてやらねば。
 
と 甘やかした為に 咲くちゃんは、怖いもの知らずのピーピー鳴く子になってしまいました。
 
Holidayの歌は、「ピーピー」と聞こえますが、実際は「ディーディ―」です~。
 
両親犬は、心臓病の遺伝を 持っていないので 心臓の弁の発達不全の原因は、ルシアの妊娠中
 
煙草の煙の蔓延するドッグカフェにいたせいだと 確信しました。
 
小さなクリサジークにとって、人には何でもない一煙りも 全身の煙になります。
 
47種類も発がん物質を含む煙草の煙を 妊婦が 吸ったらお腹の赤ちゃんに
 
良いはずがありません。
おまけに 足の強いクリサジークなのに、咲くちゃんだけ 骨が弱く、3回も
 
骨折してしまいました。
 
でも 必死に ヒーリングをしたら 心臓の穴は、見事にふさがり、
 
咲くちゃんが 走りたがるので、毎日 12㎞の自転車走りも していますが
 
4歳過ぎても 元気いっぱいの奇跡の子なのです。
 
因みに 心臓病の薬は 副作用で 倒れるかもしれない、と言う事なので飲まさず、
 
麻酔をすると 死ぬリスクも あるとの事で 骨折の手術もできません。
 
ヒーリングを するのみで、咲くちゃんは、死の宣告の3歳を過ぎても 毎日元気です。
骨折の骨が、付いたら また 自転車走りしようね。
 
生きとし生ける者は、生まれた途端 全て死に向かっています。
 
いつ死ぬかよりも 今 生きて何をしているか、が 重要ではないでしょうか?
 
1日1日を 咲くちゃんと一緒に 大事に過ごしている けいこ に応援のポチ
 
お願いします。

皆様の暖かいお心遣いのお陰で 只今「犬多頭飼い」復活の2位です。

応援 頂き 有難うございます!ブログ更新の励みになりました。

↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 犬ブログ 犬 多頭飼いへ  
↓こちらのランキングにも参加していますので、もう ひと踏ん張りの
ポチッを お願いします、有難うございました。
 只今 ぺット部門 ドン落ちの 691位です。
↓   ↓   ↓  
 人気ブログランキングへ
 
 ブログランキング  ブログランキング ドット ネット blogram投票ボタン
 
次回のクリサジーク仔犬出産は、秋頃に なります。
仔犬ご希望の方は、プラシュスキー・クリサジーク友乃会(PKFJ) のメール欄から どうぞ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エア花見 | トップ | 怖いイタチ、でも母の愛は。。。 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ROUGE)
2017-05-03 09:07:01
咲くや姫ちゃん、頑張っているんですね。
ルーシェも先天性の心疾患を抱えていて
5歳で発症してから心臓の薬が欠かせませんでした。
でも20歳近くまで生きましたから
咲くや姫ちゃん、ファイト!です。

私もGW前に預かった子猫が深刻な疾患抱えていたようで
センターに戻しましたが、
たった3日一緒にいただけでも、心配な思いは残ります。
そういうものですよね・・・
Unknown (リナ)
2017-05-22 12:32:57
咲くちゃん、心臓の穴が塞がったなんて凄いミラクル!!
生命力の強さとけいこさんのケアのお蔭ですね。
骨折も早く治りますように~。
今日はゆっくりできてますか? (よっこたん)
2017-06-06 09:43:22
けいこさんおはようございます。
今日はお気遣いのコメントありがとうございました。
いつもお忙しいそうですが今日は少しお時間があるのですか?
朝からのんびりできるのも私も久々です。
今のうちにご訪問しなきゃです!
けいこさんも毎日多忙なご様子ですがお体だけはご自愛くださいね(´∀`*)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。