麗しの北タイ福祉体験・異文化理解の旅

北タイで実施したスタディーツアーの概要

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

麗しの北タイ福祉体験・異文化理解の旅

2010-12-07 06:44:19 | タイ旅行
22 クンユアムへ

子ども達と別れ、夢の家を後にし、ホームステイ中のS君を迎えにサマキー校へ。やや恥ずかしがり屋の大学生のS君もすっかり高校生達とうち解けて、写真をとりあったり、プレゼントをもらったり。こうした機会は日本の若者にどんどん提供していきたい。次なる青少年北タイ生活体験の企画へ勢いづいた瞬間でした。

車はそれからチェンマイへ向かい、ホテルへチェックイン、ユパラート校の歓迎夕食会へ。先生方が多く集まってくれました。チェンマイの先生方は、義理堅い。でも、ユパラートも日本語教師のプイさんが転勤してしまい、今後の日本行きのコーディナーターをどうするか?

ここで同行者のkさん、Hさん、Kさんとはお別れ。明日からは懐かしのクンユアムへ出発する。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっとお願い!

2010-11-20 08:30:32 | タイ旅行
みなさん、北タイのメーホーソンの日本とゆかりの深いクンユアムの中等学校でジャパン・フェスティバルへ参加していただけませんか?
どなたでも参加していただけます。
<参加形態>
●平成23年2月11日午後に現地にお越しください。
●我々と日本から行っていただく方はnittaikyo@kcn.jp まで。三連休のためにチケットがかなりタイトになってきました。
●バンコク2月11日午前1時スワナプーム空港にて合流
などがあります。

ジャパン・フェスティバル
2月12日(土)、13日(日)に行います。
日本料理、日本の遊技、楽器、書道、折り紙などなんでも結構です。
単なるお手伝いでも結構です。
現地の純朴な子ども達があなたの参加を待っています。
また、ちがったタイ旅行になるのではないでしょうか?

日本タイ教育交流協会主催
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗しの北タイ福祉体験・異文化理解の旅

2010-11-06 09:51:04 | チェンライ
21 参加者のここまでの感想

このツアーではポイント、ポイントで学んだことを出し合いました。そんな時に出てきた感想は、
<ウイアンパパオ暁の家>・全員が前向きに明るくがんばっている。親から離れても幸せのように見えるし、一人ポツンとしている子がいない。昭和30年台の良さがある。目標があって、目が輝いている。時間的にものんびりしているように見える。時間をうまく使っている。異文化異民族同士でありながら、誰でも輪の中に入れる。共に生活する共同体は素晴らしい。

<サマキー高校>・国に対する誇りのようなものを持っている。日本では自分史が薄れているのでは。国際交流を通して相手の心の中に入ることができた。

<アカ族夢の家>・親と過ごすのが当たり前と考えている我々にとって、家族とは何か?将来とは何か?を強く考えさせらた。・国籍のないという状況、親がいないこと、親がいても問題があること、こうした目の前の現実を抱えながら、子どもとして自立できるのだろうか?最大幸福とは何であるか?・日本はうらやましく見られているんだということを今更ながら感じることに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗しの北タイ福祉体験・異文化理解の旅

2010-10-08 08:59:03 | チェンライ
⑳山を降りる
不気味なほどの夜の闇がゆっくりと去り、眠そうな子ども達が毎日の慌ただしい日課をこなす。顔洗い、ラジオ体操、ご飯の用意、学校へ行く準備。子ども達は眠そうな感じながら毎日の繰り返しをてきぱきとこなしていく。

親から離れて暮らす子、親がいない子、親がいても麻薬や病気で一緒におれない子ども、いろんな子ども達がとにかく教育を受けるために頑張っている。こうした施設をどう支援していったいいのか?

朝食をいただき、午前7時半ころに彼らは学校へ向かう。その前に我々との別れの儀式がアリヤさんの司会で始まる。我々は子ども達と過ごした昨晩からの感想を言い、子ども達は我々の訪問への感謝を述べる。そして全員で写真を撮ってお別れをする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麗しの北タイ福祉体験・異文化理解の旅

2010-10-06 04:14:28 | チェンライ
⑲夜は真っ暗闇
地方の農村や山岳の村に泊まると、夜の深遠なる暗闇に気が遠くなる。文明のおかげで生きている私にとっては不用意な一夜となることが多い。夜中のトイレである。目をアジマジと開けてみてもブラインド状態。何か手がかりがあるものだが密封状態。

今回は携帯電話を枕元に置く。これが懐中電灯代わりになるとは頭が回らなかった。
さて、蚊帳をくぐって出口へたどり着くと今度はかんぬきの戸が開かない。誰かが外からカギを掛けたのだ。ああ、待てない!

窓の頑丈な指物を開けて跨いで出ることに。今回は無かったが外に出ると犬がオオカミのように狂い鳴く。3時頃にはオンドリが鳴く。

とにかくタイの田舎の夜は魑魅魍魎たる世界。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加