『算数の教え方教えますMother's math』in東京(只今、数学の企画会社 準備中) 

お子さまの学習をサポートしているママをサポートします。

『算数の教え方教えますMother's math』に寄せられる声

2017-06-28 21:39:00 | 算数の教え方

参加募集中の企画「算数の教え方教えますMother's math」in豊洲 モニター企画」


こんにちは、今『数学の企画会社』を準備しているMiyoko Kobayashiです。

 明後日から始まる 算数の教え方講座『 Mother's math 』に寄せられる参加される方々の声には、ご家庭でのお子さんのさまざまな様子が書かれてあり、とても微笑ましく思えます。なかなか算数を好いてくれない様子や、算数大好きな頑張っているお子さんの様子、算数やっているといつの間にか…… 算数が睡眠薬になってしまう様子など本当に可愛らしい。母さま方の声を聞いて、私が講座でお会いするのはお母さん方ですがその後ろに可愛らしいお子さんの顔が浮かんできます

 講座をやる上で、算数のオーソドックスな教え方を伝えることもありまりますが、お子さんの様子が分かると、そのお子さんにあった教え方(使う言葉や、問題の攻めかた等)を伝えていきたいと思っています。そして、講座のあったその日から使えるものにしたいと思っています。ぜひぜひ、お子さまの様子をそっと教えてください。そして、子供たちはときどき突拍子のない質問をしてくることがあります、その突拍子もないように思えるその言葉も、ぜひ教えてください。それは、意外と数学の本質をついたいい質問だったりもします。大人はいろいろ世の中を知り過ぎて「それはそんなもんだ」って片づけてしまうが、子どもたちは不思議なことにきちんと違和感を感じ「なぜだろう」と素直に投げかけることができる。では、私たちが大切にしてあげたいのはどっちだろう??早く大人にすることも悪くないが、お子さんの「なぜだろう」に付き合い上手くいけば解決まで導いてあげたいものである。

 

『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 数学の企画会社は企画する。 | トップ | 明日の『算数の教え方教えま... »

コメントを投稿

算数の教え方」カテゴリの最新記事