『算数の教え方教えますMother's math』in東京(只今、数学の企画会社 KOBA☆MI 準備中) 

数学をもっと身近に、愛され、おしゃれに楽しんでもらいたい。そんな企画をしていきます。

大きな未来を背負う、小さな背中。 『算数の教え方教えますMother's math』in東京

2017-07-11 20:44:56 | 日記

只今参加募集の企画 

  ・第2回『算数の教え方教えますMother's  math』in豊洲

  ・SUMMER2017 小学生と家族の夏休みを応援!!


こんにちは、今『数学の企画会社』を準備しているMiyoko Kobayashiです。

 昨日、電車の中で一人で算数の問題集を広げ、鉛筆を握り一問一問考えながら解いている小学生に出会いました。小学生は椅子にすわり、私は丁度その子の前でつり輪を持って立っている状況で、一生懸命問題集に集中して下を向いている男の子の頭の上から私が覗きこんで、その解く様子をじーっとみていました。

 その子は、小さな男の子で、筆箱には「2年〇組 名前」が書かれており、まあ可愛らしいっと思っていたのですが、やっている問題はわり算のひっ算ん!? その問題を考えているとき7の段の九九でちょっと止まりながらも全問、途中式もきっちり書き正解でした。

 でも、ん!?

 そして、その子の降りる駅が近づくと、急いで広げていた算数の問題集を閉じてカバンにつめているとき、小学4年生用の問題っとその問題集に書いてありました。

 そうです、小学2年は九九を習いたて、もしくは今から習う時期だと思うのですが、わり算はまだです。わり算 それも2桁÷1桁は4年生です。この小さな小学2年の男の子は2年上の4年生の問題やってたのかぁ~

 そして、その小さな男の子は何やら本がいっぱい詰まった大きなカバンを小さな背中に背負って、両手にも荷物をもち電車を降りてゆきました。彼の背中がとても大きく見えました。日本の明るい未来を背負える背中だ

 易しい計算なら先取りして慣れることは良いことです。上手に先導してあげれば、学校の進度に合わせることはないかもしれません。その子には良いサポートをする方がいるのでしょう。

 とっても微笑ましい光景でした。

ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『算数の教え方教えますMothe... | トップ | 『算数の教え方教えますMothe... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。