まろの人生いっぱい&いっぱい!

夢いっぱいの人生だが
この年になると人生そのものが
余裕のない「いっぱいいっぱい」状態!
そんな日々の思い。

猫と暮らせば・・・

2017年12月13日 | 日記

本のタイトルを見て思わず唸った。
巷間、かつてない猫ブームとは聞いていたが
猫に人間を幸せにする力まであるとは思わなかった。
犬ではなくてなぜ猫なのか?

猫の「啓発本」が売れているらしい。
写真集やらエッセイやら本屋には数多くの猫本が並ぶが
ついに啓発本まで登場したとは・・・
一流の人間は必ず猫と暮らしているなどと書いてある。
自己啓発とは人間の能力を引き出したり成功の秘訣を説いたりする
人生の指南書、要するにハウツー本である。
その類の本は全く読んだことがないし
人生に成功したいと切実に思ったこともないのだが
本のタイトルに妙に惹かれてしまった。

ちょっと立ち読みしただけなのだが・・・〈笑〉
著者の樺木宏さんは猫と暮らせば心身ともに健康になると説く。
猫には心の安定をもたらす三つのホルモンがあって
「幸せホルモン」「愛情ホルモン」「脳内麻薬」を同時に
増やしてくれると言う。
そのためにすべきことはただ一つ!
猫と暮らすことだそうだ。

ねこと暮らす=つまり世話をすることである。
毎朝ごはんをあげる、毎日トイレ掃除をする、一緒に遊ぶ。
ただそれだけで「幸せホルモン」の分泌が活性化し
精神が安定して生活も規則正しくなる。
膝に乗って甘えてくる猫を「撫でる」と脳が刺激され
「愛情ホルモン」が分泌される。
猫を撫でるだけで癒しの効果絶大だそうである。
一緒に暮らせば、猫を見て「かわいい~」と思う機会が増えるが
ただそれだけで今度は「脳内麻薬」ことベータ・エンドルフィンが分泌され
嫌なことを忘れさせ、幸福感をもたらしてくれると言う。


猫は自由気ままである。
甘えるのも、去っていくのも気分次第。
したいことをしたいと伝え、ダメならダメであっさり諦める。
まことに自分勝手だが嫌われることはない。
樺木さんはそんな猫の生き方に
自分らしく生きるためのヒントが隠されていると強調する。
猫には強制も押し付けも利害関係も通用しない。
ただひたすら「相手を受け入れ」「与える」だけの関係を続けていると
いつしか人間相手にも同様のことができるようになる。
つまり猫と暮らせばそれだけで
人間関係も人生も円滑になると言うのだが本当だろうか?

ただ、日本では年間8万匹以上の猫が殺処分にされている。
無責任な人間が捨てた猫、ペットショップで売れ残った猫たちが
今も死の瀬戸際にさらされている。
もしこの
本を読んで猫と暮らしてみたいと思ったら
安易にペットショップで買うのではなく
動物愛護団体や里親ボランティアで保護されている猫を
引き取ってを欲しいと樺木さんは訴える。
まことにその通りである。
私の人生も猫と暮らせば劇的に変わるのだろうか・・・

 

コメント (1)

ああ、弾けたい!

2017年12月12日 | 日記

いつも空を見上げて歩いています。
下を見ていてもめったに財布など落ちてないので
仕方なく空を見て歩いています。

最初に見たときは何かわかりませんでした。
何やら奇怪なものが枝にぶら下がっているなあと思いつつ
よくよく目を凝らして見ると・・・
ザクロの実でした。
パンパンに熟しきった赤い実が
もはやこれまで!とばかり一気に弾けた風情です。

周囲を見るとザクロが鈴なりです。
団地の真ん中にザクロの木があったとは知りませんでした。
かなりの高木だけに誰も採る人がいないまま
ついには「爆発」したのでしょう。
ああ、オジサンもこんな風に思い切り弾けたい!
なんてバカなことを思いました。

うーん、すごい迫力ですねえ。
熟した実が裂けて中の果肉が飛び出していますよ。
これが生命力というものでしょうか。
先日、電車の中でヒソヒソ話をしていた女子高生たちが
突然、弾けたように笑い出して
心臓が止まるほどビツクリしたものですが
あれが若さというものでしょうか。
オジサンは年齢的にはもう十分過ぎるほど熟していますが
悲しいかなもう弾けるようなパワーがありません。

ああ、思い切り弾けたい!〈笑〉


コメント

ギリギリでブログ更新。

2017年12月11日 | 日記

約束の原稿がなかなか出来上がらずに
やっと送ったのが朝8時。
とてもブログを更新する時間などなく
そのまま仕事に出かけたのでこの時間になってしまった。

池袋駅前午後6時。
デパートなんか撮ってなんになろうと思いつつ
仕方なくスマホカメラでパチリ。
とりあえずブログを更新しなければという使命感で
とりあえず写真だけは撮った。

電飾ツリーなんか撮って何になろうと思いつつ
二枚目をパチリ。
何か気の利いた文章をと思いつつも
何も浮かんでこない。
今日は朝から晩までとにかく忙しくて疲労困憊。
ホント、精も根も尽き果果てた。



東方神起など撮って何になろうと思いつつ
ついつい三枚目をパチリ。
これでなんとかブログを更新したことにならないか。
10億円の夢をのせて年末ジャンボ購入。
長い長い一日だった。

コメント

落葉を踏みしめながら・・・

2017年12月10日 | 日記

イチョウのじゅうたんです。
公園の銀杏並木はあらかた散ってしまいましたが
こちらは今がピークでしょうか。
一面に広がる黄色のじゅうたんが美しいですねえ。

先日、たまたま訪れた富岡八幡宮も
イチョウが盛りで七五三参りの家族連れて大賑わいでした。
その東京を代表する名門神社で
まさかあのような凄惨な事件が起こるとは驚きでしたねえ。
兄弟姉妹の骨肉の争いは珍しくないとは言え
神様につかえる宮司どうしの刃傷沙汰など前代未聞です。
落語に登場するの放蕩息子のように
素行や金遣いが荒いバカ息子はどこの世界にもいて
大抵は「大事を任せるに能わず」と勘当されたりするものですが
その放蕩息子のとんでもない逆恨みでしょうか。
犯行の動機が「お金」の問題とするなら
宗教法人の「無税措置」もそろそろ見直す時期かも知れません。

イチョウのじゅうたんの上で
子供が楽しそうにボール遊びを始めました。
その点、子供は大人と違って邪気がなくていいですねえ。
話題の羽生善治さんが将棋を始めたのは小学一年生だったそうですが
テレビで見た当時の写真は本当に無邪気で可愛らしかったです。
それが今や「永世七冠」ですから凄いです。
どれくらい凄いかと言うと・・・
うーん、将棋音痴なのでよくわかりません。〈笑〉
かつて羽生さんが七大タイトルを独占したときに新聞記者から
「神様と将棋を指して勝てますか」と聞かれ
「神様が角落ちなら勝てる気がする」と答えたことがあります。
神様に顔向けできない不届き者がいるかと思えば
神様に勝てると豪語する者もいて
世の中いろいろだなあと妙な関心をしたのものです。

落ち葉ではなく
散った花びらで遊ぶ女の子がいました。
これはサザンカですね。
この記事を書きながらテレビを見ていたら
ついさっき大谷翔平選手の大リーグ入団記者会見が始まりました。
まさかエンゼルスとは思いませんでした。
以前、一度だけ本拠地のアナハイムに行ったことがありますが
あたたかくて開放的でとてもいいところでした。
まだ23歳ですから念願の「二刀流」をぜひ実現させて欲しいものです。
落ち葉を踏みしめながら
花びらを踏みしめながら、愚にもつかないことを考えました。

 

コメント

神戸ルミナリエ

2017年12月09日 | 日記

今年もまたルミナリエの季節がやってきました。
ニュース映像を見ただけですが
それだけでもう胸がジーンとなってしまいました。



あれからもう23年が経つんですねえ。
この季節、日本全国でイルミネーションが光り輝きますが
このイベントだけは意味合いが違います。
阪神淡路大震災で犠牲になった6000人以上の人たちの鎮魂と
街の復興を願って始まった光のページェント。
単なる観光行事ではなく
そこには神戸市民の深い思いが込められています。
近年は資金不足で開催が危ぶまれたこともあったそうですが
とりあえず続けられてよかったと心から思います。
続けることが大切なんだと思います。

震災があった年の暮れ
この光の下を一人で歩いたことがあります。
ものすごい人出と熱気で前に進むのが困難なほどでした。
光り輝くイルミネーションを見ながら
変わり果てた三宮の惨状や焼け野原となった長田の町を思い出し
思わず涙がこぼれてしまいました。
こんな悪夢はもう二度とあって欲しくないと思ったのに
再び東日本大震災に遭遇することになろうとは・・・
ホント、災害とは因果なものです。
記憶が風化していくのはどうしようもないことですが
ルミナリエは何とか続けて欲しいです。
自然災害の無慈悲さを
人間の無力さを語り継いで欲しいものです。

 

コメント