泥んこあおば

青いオフロードバイク、略して「あおば」。
KTM 250EXC-Fになりましたが、ただいま休止中デス。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

須杭チャンピオンシップRd3に行ってきました

2015-12-18 | 林道・レース



はじめに、須杭チャンピオンシップRd3を運営してくださったスタッフの皆様に。

本当にありがとうございました。

そして、お疲れ様でした。


木曜日の夜に集中的な豪雨があり、コース整備がとても大変だったかと思います。当日の運営も含めスタッフの皆様のご尽力のお陰で自分が走っている時、そうでない時、どちらの時間も楽しむことができました。とても雰囲気がよく、バイクに乗っておられないであろう地元の方々の笑顔もとても印象的でした(^_^)N原さんが、スタッフされながら、出場されているのを見て、こういう出場パターンもありなのかとわかったので、次回はお手伝いしながら、出場できたらと思います(^_^)

さて、ここからはちょっと前置きです。主に市販車クラスのことの記事になります。

他県のエンデューロレースとか見ると、今回出場させていただいた市販車クラスっていうのは、特別設けられていることは少ないようです。

須杭チャンピオンシップ、そして、前回、参加させていただいたフレックスサンデーエンデューロのどちらも、その『市販車クラス』(フレックスは、Bクラスがそれに当たるかと)の枠が設けられています。市販車クラスのエントリーは、他のオープンクラスや85クラスと同等数、たまに多い場合も。

市販車とレーサーに乗ったことがある方はおわかりでしょうが、もう全然違います。パワーもサスもフレームも、全てが市販車のそれと全く違います。

レーサーは高次元でオフロードを走る為だけに各メーカーが世に送り出したサラブレッドです。市販車は駄馬。



私のWRはポニー。
だから優しくしてください

(#^ω^)サラブレッドと駄馬は言い過ぎでしょうワラ

言い過ぎではありません。 それくらい差があります。市販車で苦労していたこともレーサーなら、あれ、なんか行けちゃった!とクリアできたり、私のような下手な人間が乗っても、バイク自体がミスをカバーしてくれている部分が多々あることを感じさせてくれます。もちろんその逆もありましたが(^^;;

CRF、ホントいいバイクだったなぁ(遠い目)

WR250Rはトレール最強なんて言われることもありますが、7~8年落ちのレーサーと比べても、性能はずっと下。ただなんか面白いんですWR250R。引き起こす度に、あぁ、重て。走れば、もちっと足がしっかりしてれば。なんて思うバイクなんですが、なんか面白い。

しかしですね、当然ながら、同じくらいの腕の人間が市販車、レーサーに乗れば、結果は言わずもがな。レーサーの中に混じって、市販車が奮闘!あぁ、なんと興奮するレースか!そりゃ、ホントに上手い人が乗ればね、、、市販車乗りの方はこの感じよくわかるはず。スプリントレースでオープンクラスに市販車で出場となると、置いてけぼりの、ラップ待ちです。

市販車であってもレース楽しみたい!純粋に市販車同士でやりあって1位とりたい!って思う人にとっては、市販車クラスってとても貴重。エンデューロ、スプリントとも市販車クラスが設定されているのは、市販車乗りにとってはとても嬉しいことです。エントリー数からも、皆さん楽しみにされているのが見て取れます。市販車だからって、のんでんくらりと走るわけではありません。

ほらみんなマジ。ってか、大人がレーサーに限らずバイクに跨ってマジになれる瞬間ってそうそうありません。それゆえに大切な機会です。

他の地域のレースも市販車クラス設けてくれたらいいのになぁーそうすれば、敷居が低くなって、俺出る!じゃ、ミーも!ならアッシもアタイも!初めてだけど、俺っちも!って方が増えるんじゃないかと。そんな素敵なクラスがあれば他県だって行ってみたいよ。あの人市販車なのに、速ぇなおい!ってんじゃなくて、市販車の中で、その人なりに頑張って上達して、、、、ってクドイですね。レーサー買う余裕はない、レーサー買えばトランポだって必要。レーサーで練習したり、レースに出るまで用品、物品を揃える費用ってなかなかのものです。決して安い趣味じゃないのも事実。そういう面から見ても市販車クラスって、ありがたい♪( ´▽`)

さて、本番の2015Rd3ですが、述べ90台以上のエントリー!すげぇっす。年々増えていっています。今回は他県からのエントリーも多かった模様。

今回はスペシャルゲストも♪( ´▽`)
成田選手、富田選手、古賀選手、畑尾選手!あまりにも豪華すぎて告知があった時、ビビりました💦
逆光で殆どわからないんですが、、、綺麗に撮られてる写真があれば、許可を取って挿し替えます。


ズラリと並ぶ車検待ちの列

須杭チャンピオンシップやフレックスサンデーエンデューロはただ自然に増えていったというより、スタッフさん達の楽しんで欲しい!という気持ちがビンビン伝わってくるのもあって、出てみたい!と思う方が増えていったのだと思いますし、実際楽しいですしね(^_^)この前のフレックスサンデーエンデューロに出てた黒XRくんが言ってました。『ギスギスしてない。主催者の楽しんで欲しいって気持ちが伝わる。』って。それは須杭チャンピオンシップも同じことで、もちろんそういう気持ちが伝わってきます。

市販車クラスは、前回大会は、20台超え。今大会もエントリー20台超え。私が参加させていただいた2015Rd1で、16台くらい。

16台でこれですから20台超えって、、、、いよいよもって、スタートで前に出れるか危うい、、、今回は当日来れなかった方もいらっしゃったようで18台くらいだったようです。

1HEAT目のグリッドの決め方は、ステージ横に早く並んだ人順で好きなところに並んでいいと言うルールっす。

85クラスが終わる頃、ちらりと同クラスの車両が並びに行ってるのが見え、こりゃ、私も行かなきゃ!と行ってみると既にズラリと並んでいる同クラスの車両。一足遅かった。。。前のほうにもう8台くらい並んでます。皆並ぶの早いよ。でもまぁ、今日は楽しむつもりで来たし、グリッドはどこでもいい言いといえばどこでも言いし^^

いってきます(^_^)

一応今回は、イン側で様子見よう~ヘルカメスイッチ入れてっと。



この位置だと、結構アウト側から皆巻くってくるから、良くて4~5番手当たりかなぁ~

この台数が限られたスペースに突っ込んで行きますから、そりゃもう大変。だって、皆んな真剣に突っ込んでいきますからね。この時ばかりは譲り合いの精神は、一旦置いといて、闘志と犬歯は隠さず、がっつり剥き出します。みんなが血液を沸騰させた

THE BEAST



いい順位とかそういうのは、置いといてって思うことにした私もこの時ばかりは、『できる限り』譲りません。絶対譲らないわけではなく、できる限り。接触せず、双方完走できる程度で。

さぁ、全車グリッドに着きまして、、、

続きはまた、明日以降💦
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 忘れていませんか、予防のこと | トップ | 須杭チャンピオンシップ2015R... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。