空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

63編 やりなおしができる年齢

2017-07-12 10:17:56 | 独リ言日記

やりなおしができる年齢

65歳にして
いままで生きてきたことが
間違いであったことに
気がついた
もう時既に遅し

人生終わりだね

そう言われてしまうと
身も蓋もない
後悔しても
時計の針は戻るどころか
人生先が見えているだけに
時間は残り少ない

でもあと五年は頑張れる
だから今からでも
頑張れる何かが見つかれば
人生最後のやりなおしができる

甘いね
65年間生きてきて
できなかったことが
今更できるのか
同じ過ちを繰り返すだけだね
あなたは成長できない人間なんだよ
やりなおしがきかない年齢なんだよ
65歳

やりなおしがきく年齢は何歳までなのか
自分がダメだと思ったらそこでお終い
65歳であっても
自分の人生の過ちに気づき
いまから5年間
空蝉の如く短い生命であっても
頑張る
そう決意すれば
65歳であってもやりなおしがきく
やりなおしがきくが
鍵はいま思い立ったことを継続することだ
行動しかない
頑張れ65歳
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 62編 いつ頑張る | トップ | 64編 他愛もない素朴な疑問 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

独リ言日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。