空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

136編 2食昼寝冷房付き

2017-08-05 18:18:56 | 我家ノ一人息子・beagle gennki
2食昼寝冷房付き 

夏ノ暑サニモ負ケズ
向日葵ノ花ガ咲ク
蝉マ負ケジト鳴ク
我ガ家ノ一人息子《beagle・gennki》ハ
暑サ知ラズデ過ゴス
弐食昼寝冷房付キ

ゴ主人様ハ
冷房ハ無キ職場デ
汗ヲ流シ
仕事ニ励ム
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 135編 今日が在る | トップ | 137編 内憂外患 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

我家ノ一人息子・beagle gennki」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。