空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

71編 事故

2017-07-15 04:54:32 | ひとりごと
事故

車に置き去り
熱中症で死亡


いたたまれない事故だけに
他人ごとではない
他人を預かるということは
その人の生命を預かる
そのことを忘れてはならない


難しい操作や複雑なことで
事故は起きらない
基本的なことを怠ったり
手抜きをしたときに
事故は起きる
難しいことではない
人間の心の隙間から
事故は起きる
生命を預かっていることを
人間に携わっている仕事の人たちは
忘れてはならない

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 70編 人生の短さ”と老人介護... | トップ | 72編 痛みの我慢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ひとりごと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。