空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

74編 三瓶の情

2017-07-16 04:15:43 | 独リ言日記
三瓶の情

花を活けてくれる
花瓶は
荒んだ人間の心を癒す

オシッコを容れてくれる
尿瓶は
病床で臥す人の泪も掬う

孤独な自分につきあってくれる
酒瓶は
誰も棲まぬ廃屋の故郷を想う



「三瓶の情」は、拙者の勝手な造語である
花瓶 尿瓶 酒瓶
と3つの瓶がある
犬との散歩中に
浮かんだ言葉であった
何の関連性もない3つの瓶をまとめ
「三瓶の情」としてみた
一輪挿しの花瓶に

道端で見つけた折かかっていた野花を挿してみた
老いてきて
動かぬ生物に何故か心惹かれてきた
私は貧乏草と疎まれているハルジオンが何故か好き

入院し
手術や大腿骨の骨折など
予期もせぬ寝たきり状態になり
トイレで用足しをすることもできず
尿瓶に排尿する
ベッドから降りることもできず
寝たきり老人になったとき
尿意が有るうちは
紙おむつではなく尿瓶でしたいものだ
動けぬ寂しさ辛さは一輪挿しの花と同じかもしれぬ

飲み方で酒は
薬にもなるし毒にもなる
酒は人間の心を酔わせてくれる
酒は美味いか不味いか苦いかは
そのときの心模様によって変わってくる
酒は孤独な気持ちを癒してはくれない


次の75編に拙い「酒心の詩」を
思いつくままに綴ってみた
酒にも女にも自分にも弱い私
(苦笑) 
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 73編 “人生の短さ”と老人介... | トップ | 75編 酒心の詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。