空蝉ノ詩

蝉は鳴く。地上に生きる時間は儚く短い。それでも蝉は生きていると。力の限り鳴き叫ぶ。私も今日、力の限り生きてみようか。

70編 人生の短さ”と老人介護(2)

2017-07-15 04:05:27 | 読書ノート
“人生の短さ”と老人介護(2)
 セネカ著、茂手木元蔵訳『人生の短さについて』岩波文庫

(2)

「大部分の人間たちは死すべき身でありながら、
・・・(略)・・・われわれが短い一生に生まれついているうえ、
われわれに与えられたこの短い期間でさえも速やかに急いで走り去ってしまう」
の書き出しで、
『人生の短さについて』が始まる(9頁)。


「われわれは短い人生を受けているのではなく、
われわれが短くしているのである」。

「人生は使い方を知れば長い」。(10頁)


人間は生まれた瞬間から、死に向かって生き始める「死すべき」存在である。
誰にも平等に与えられた時間をどう使っていくのかによって、
その人の生き方が決まる。
自分の一生涯において行なった仕事は何であったのか。
「飽くことのない欲望」や「こびへつらいの付き合い」「酒や快楽」に溺れ、大切な時間を失っていないか。

われわれの存在と関係なく時間は永久にあるが、
われわれは必ず「死すべき身」であることに気づきにくい。


何歳になれば、これからの老後やその先の死を意識するのだろう。

「すでにどれほどの時間が過ぎ去っているかに諸君は注意しない。
充ち溢れる湯水でも使うように諸君は時間を浪費している」(15頁)。


われわれの目には時間は映らないものであり、
無形のようなものであるだけに、
時間の価値というものを見失っている




ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 69編 “人生の短さ”と老人介護 | トップ | 71編 事故 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書ノート」カテゴリの最新記事