goo

リスク管理と当事者意識

中小企業診断士の長谷川進です。おはようございます。
今日はリスク管理についてのお話です。

ビジネス現場におけるリスク管理の意識の低さに驚くことが多い。

こういうトラブルがあった、こういうトラブルが起こるかもしれない、過去にこういう経験がある。

こういったトラブルや問題に関する話が、ビジネス現場で出た時の対応のことである。

こういった話が会議で出た時に、ここで話が止まってしまったり、直ぐに他の話題に移ってしまうのである。

なぜこのようなことになるのか、状況を観察してみると、ポイントは当事者意識の有無にあることが多い。

こういったトラブルや問題は、自分には関係ないという当事者意識の欠如である。

しかし、多くの場合、当事者意識が欠如している人であっても、ビジネス現場では当事者であることが多い。

自分は関係ない、巻き込まれたくないという単なる願望なのである。

リスク管理の重要性を全社的に高めることをお勧めします。

いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。
1日1回のクリックよろしくお願いいたします。
 

~Partner for Progress~
中小企業の成長を支援するパートナー
経済産業大臣登録 中小企業診断士
経済産業大臣認定 第一種情報処理技術者
内部統制評価機構認定 内部統制評価者
中小企業大学校インストラクター
港区創業アドバイザー
神奈川産業振興センター経営アドバイザー
川崎市中小企業サポートセンター派遣専門家
専門家プロファイル登録コンサルタント
ドリームゲートアドバイザー
中小企業情報セキュリティ対策指導者
富士通ラーニングメディア認定講師
NTTラーニングシステムズ認定講師
長谷川進
E-mail : hasegawa-info△goo.jp (ご相談・ご依頼などございましたら、お気軽にメールでお知らせください。上記メールアドレスの「△」を「@」に変更してお使いください)
  

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 世界パソコン... 研究開発助成... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。