止まらず一歩

何かをさがして
舞台を増やしたり変えたりしながら
それを残していこうと思います

経団連〈3年連続で会員企業に政治献金を呼びかけ〉

2016-10-14 10:43:10 | Weblog
(2016/10/12 健康になるためのブログ)
  安倍政権との蜜月が続く経団連が3年連続で会員企業に政治
  献金を呼びかけた。
  経団連会長の榊原定征は 「自民党を中心とする与党が内政・
  外交両面で実績をあげている」 と強調。
  税制改正で法人税の実効税率を20%台に引き下げ、原発の
  再稼働を進める自民党への高評価が目立った。 経団連は武
  器の輸出を戦略として柱に掲げた。
  歴代自民党政権の基本方針を覆し、自分たちの意向に沿って
  武器輸出の禁止三原則を撤廃した安倍政権は手放せない持ち
  駒だ。だから、兵器産業で不祥事が発覚した東芝や三菱自動
  車も安倍政権には献金していた。
  一方で榊原は「痛みを伴う社会保障制度改革に取り組むことを
  期待」とした。 入院費やその他の医療費をもっと引き上げろと
  政府の尻をたたく。自分たちは税率をどんどん引き下げてもらい
  ながら、よくこんなことが言えたものだ。(了)


    1993年、経団連はゼネコン汚職などをきっかけにして、業界
    ごとに献金額を割り当てる「あっせん」を廃止した。
    1994年、企業や労組などからの政治献金を制限する代わり
    に、政党交付金を充て、透明性の高い政治を目指した政党
    助成法を成立させたが、安倍政権になって悪弊は復活した。
    政党交付金制度を残したまま、企業献金を再開するというの
    は、上述の経過からみれば政党の「二重取り」になる。
    企業は卑しいもので、何もしてくれない相手に施しはしない。
    記事にあったように「原発再稼働」「武器輸出解禁」「憲法改
    正」「法人税減額」「消費税増税」・・・は経団連に属するどこ
    かの『金づる』で、国民は儲かった大会社からオコボレをもら
    えと政府は言っているのである。極め付きは「痛みを伴う社
    会保障制度改革に取り組むことを期待」だそうだ。
    同じ国民に対する政治とはとうてい思えない。
    チョンマゲ時代、さんざん悪事を働いて大儲けしたヤツが
    悪代官に千両箱を献上する構図に似ている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NHK世論調査(10/12)<TPP、憲... | トップ | それにしても465千人もの・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
老害のじじ達よーーー。 (年寄)
2016-10-17 08:48:39
戦後の貧乏暮らしも知らず恵まれた家庭で勉強もせず、親のコネで会社に入りレールに乗り地位を得た連中が今の経団連の幹部達が多い。景気が向上しない原因も追究も出来ない人達。政治を見ればすぐ分かる。立派な年輩者は、子供、孫達に未来を平和で暮らし良い世の中にする為に今出来る事を年輩者として努力している。原発再稼働、武器輸出解禁、戦争法案などは絶対反対すべき地位の人達である。それが賛成しているようでは、日本の經濟は沈没、景気回復なし断言する。良い事、悪い事、金儲けの為に区別のつかないボケ老人は老害である。今の経団連の老人は見苦しい。同じ老人として恥ずかしいよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL