止まらず一歩

何かをさがして
舞台を増やしたり変えたりしながら
それを残していこうと思います

145年前の琉球に戻れ

2017-04-04 14:57:34 | Weblog
     「145年前の今日(1872.04.04)琉球藩が設置された」
     と、今朝のラジオ(今日は何の日)で言っていた。
 
 ここから1879年の沖縄県設置に至る過程で、琉球が強制的に日
 本国家に組み込まれていった一連の過程を琉球処分という。明
 治維新によって進化した日本の武力の前に、琉球人の承認も同
 意もないまま、500年続いていた琉球王国は滅びた。
 
 琉球が日本に編入されて沖縄になって、なにかいいことはあった
 だろうか。
 第二次世界大戦では日本の領土であったため、米軍の凄まじい
 攻撃にさらされ、12万人以上の県民が亡くなった。
 戦後は米軍の支配下におかれ、1972年に日本に返還された後も
 本土から追われた格好で沖縄に駐留する米軍基地は増え続け、
 今だに占領下同然におかれている。
 ●日米安保条約は必要だが、近くの米軍基地はイヤだ。
 あげく、目につかない沖縄に基地は集中する。
 その基地は北朝鮮の標的になりミサイルを向けられる。
 これだけ、犠牲になりながらも本土人から「土人」と呼ばれ差別
 され・・・日本になっていいことは一つもないと思うのだが。

 《安倍政権で醸成 沖縄県民の独立志向は確実に高まっている》
 2017年3月31日 孫崎享(外交評論家)日刊ゲンダイ 
 1972年5月15日、沖縄県は本土に復帰した。県民はもちろん、
 国内中が喜びに包まれ、やっと戦後が終わった――という雰囲
 気が広がった。
 2010年の夏に開かれた全国高校野球選手権大会(甲子園)で
 は、沖縄県代表の興南高校が初優勝。県民は本土との一体感を
 噛みしめ、「沖縄独立論」を語る県民はほとんどいなかった。
 しかし、今は確実に空気が変わった。
 3年ほど前、琉球新報の政経懇話会の講師に招かれた際、控室
 で大田昌秀元県知事と、地元紙・琉球新報の社長と雑談した。
 その後、会場で開会の挨拶をした社長は出席者に向かって「今日
 から私は独立論を支持します」と語った。
 なぜ県民の意識が変化したのか。
 伏線は、2009年9月に誕生した民主党政権で、米軍普天間基地の
 移転先について「最低でも県外」としていた鳩山由紀夫首相が、
 外務省や防衛省などの抵抗で方針転換を余儀なくされたことがあ
 る。この時、県民の間に本土に対する不信感が芽生えたのは間
 違いないだろう。
 その後、沖縄では仲井真弘多前知事が辺野古移設を許可したも
 のの、元自民県議の翁長雄志現知事が移設反対を掲げて当選し
 た。
 14年12月の衆院選では、沖縄の全4選挙区で自民党候補が移
 設反対派に敗れた。あらためて沖縄の民意が「移設反対」という
 ことがハッキリしたのだが、政府の強硬姿勢は何ら変わっていな
 い。「独立論」が高まるのも当然である。 
 翁長知事は3月末、仲井真前知事が出した辺野古沿岸部の埋め
 立て承認を「撤回する」と表明した。すると、菅義偉官房長官は、
 撤回した場合は翁長氏個人に損害賠償を求める可能性を示唆し
 た。政権の方針に異論を訴える者は国家権力を総動員して徹底
 的に叩き潰す――。 安倍政権らしい傲慢な対応であり、民主主
 義国家とは思えない。
 日本の国民は権力に弱い。
 米国のトルーマン元大統領は著書で〈日本人は事実上、軍人を
 ボスとする封建組織の中の奴隷国であった。(敗戦後は)一方の
 ボス(軍人)から他方のボス、即ち我が占領軍に切り換わったわ
 けである〉と書いている。
 しかし、沖縄は違う。県民には今も「不屈の反米闘争」を掲げた
 元衆院議員の故瀬長亀次郎氏の遺志が受け継がれている。安
 倍政権が県民の意思を顧みず、力ずくでねじ伏せる姿勢は確実
 に県民の独立志向を醸成させている(了)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森ゆうこ議員が追及 「どこ... | トップ | 日本ファーストは誰が言う »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
沖縄は日本領にあらず (閻魔大王)
2017-04-06 18:44:08
琉球王国時代の琉球は
1845年にはアメリカの間で琉米修好条約
1855年にはフランスの間で琉仏修好条約
1859年にはオランダの間で琉蘭修好条約
を独自に国際条約を締結している歴史的事実が示すように、
当時の琉球は国際法の主体だった。
つまり独立国家だったことが証明されている。
したがって、沖縄は日本固有の領土ではない。
ミサイルなぜ危ないか?? (じーちゃん)
2017-04-06 19:10:46
北朝鮮のミサイルなぜ危ないか?答えは簡単、アメリカ軍が駐留しているから。特に沖縄は。アメリカ軍がいなければ安心、安全だ。トランプ大統領は日本を守ると言うがほんとうはアメリカ軍家族を守る事で日本の為ではない。アメリカ軍が日本に駐留するかぎり日本には安心、安全はない。世界戦略上日本駐留はアメリカは重要で永久的に駐留する。結果日本は永久的に安心、安全はない。沖縄は独立して琉球王国をつくれば安心、安全である。過去の歴史から日本国には沖縄人民の考え方次第である。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事