サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

人を運ぶ人

2017-07-21 14:14:10 | NEWTON BRAKE
暑いさなかニュートンブレーキ講座をやってきました。

介護タクシーとかデイケアサービスの運転をされている、職業ドライバーのようでいて、
実はごくフツーの、免許所持者というだけの方(二種免許関係ありません)対象の安全運転講習会です。

講習会の前日に、ハイエースを使って車イスに人を乗せて走ったらどんなことが起きるかを実体験。

ブレーキング0.2G、旋回0.3Gの上限を守って走っても、カートコース3ラップで気持ちワルイ〜⋯⋯⋯でした。

車イスに座ったままなので目線が高いこと、リヤオーバーハング(後軸上)位置なので、
運転席からは想像できないほど、ロール感だとかヨーイングを大げさに感じます。



これだと0.2Gが上限だよね〜という結論に。

ツルツルの氷の上ならこれ以上のGが出ないので運転の組み立てはある意味簡単。

ところが舗装路で油断すると大きなGが出てしまいます、その上限をコントロールする運転の方が何倍も難しいのです。

その「コツ」を伝授してきました。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

営業バン2 ついでにカングー

2017-07-13 08:10:50 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
ダンパーメーカーの人と会いました。
席に着くなり、クニさんこの本面白いよ〜‼︎と営業バンⅡを手にした設計の人がニコニコ。

ダンパーメーカーの人には心臓によくないことが書いてあります⋯⋯と手渡す時に一応断っておいたのですが。

書いてある通〜〜り、着目点はオイルシールだけじゃないんだよな・・・

みんな読んだ?と打ち合わせの席にいる人に向かっていうと、全員首を横に振って、いやっ‼︎
買いなさいよ、この本いいこと書いてあるから・・・押してくれました。

専門分野の人に読んでもらえるのは嬉しいですね。



ダンパー話のついでに・・・

ずっと気になっていたカングーの「快適さ」の謎解きが少しできました。



カングーの純正ダンパーはスペインKYB製。

*減衰値は標準的な数値(減衰値が快適さの元ではあるものの大きな特徴はなし)

*ガス圧が掛かっていないオイルショック(乗り心地がまろやか)

*リバウンドスプリングが入っている(背の高いクルマなのにロールの張り感がある)

*ダンパーのボディー部にコイルばね(渦巻きばね)が使われている(ダンパーの応答性につながる)

*フローティングタイプのチェックバルブが使われている(通過油量を多くでき、車高保持に影響する)

*ピストン部にもコイルバネが使われている(伸び側減衰値を高速域までコントロールできる)

各部品の特徴はZFダンパーと同類。

ピッチングのそぶりもないカングーのフラットライド・・・そうだったのかの仕掛けでした。



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

別タンク式ダンパー その2

2017-07-10 20:16:33 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
外気温30度でカンカン照り、ビビオを走らせるドライバーにはきつかったかもしれないが、
別タンク式ダンパーの実力を確かめるにはうってつけの天気でした。


ちょうどスタートラインのある短いストレートが洗濯板状になっていて、
アクセルを開けて通過するとバタバタとタイヤが激しく上下します。
時間が経つにつれ各車のバタバタ感が酷くなっていくのですが⋯⋯別タンク式にした我がチームのビビオは、
5時間走ってもほとんど「見た目」変わらず、効果あり。



オープンクラス優勝、総合も1位、ただし同一周回のクルマがもう一台。
ドライバー6名で上手く走りきりました。

ドライバーの皆さん、見学の皆さん熱い中お疲れ様でした。
次戦は秋です。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

別タンク式ダンパー

2017-07-03 22:27:12 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
浅間火山耐久レースは5時間の長丁場、しかもでこぼこ道。

軽四でそこを走るとまあ壊れること壊れること。
ストラットがエンジンフードを持ち上げたり、ロワーアームがボキッだったりと、
日常で起きたらそれは一大事と思えるようなことが浅間サーキットでは珍しくありません。

チームオリジナルボックスのクルマはといえば無事にゴール⋯⋯したもののダメージがありました。

三時間を過ぎた辺りからフロントショックの動きが安定していないのが気になったので、
ドライバー交代の時にショックアブソーバーに触ってみるとアッチッチ状態。

連続走行すれば温度が上がるのは仕方ないとして、冷めれば元に戻るだろうと思っていたらそんな生易しい話ではなく、壊れていました。

温度が上がったところからキャビテーションが起き始めて、減衰が不安定になった時にダメージを受けたようです。

修理してたとえ元に戻せたとしても5時間走り通せないのは実証済みなのでなんらかの対策が必要⋯⋯と考えて別タンク式に改造することにしました。

オイル容量が増えること、別タンクでこれまでより冷却が期待できること、
窒素ガスとショックオイルをフリーピストンで仕切るので⋯⋯ツインチューブダンパーでも気液分離式にできること。

これでキャビテーションが起きにくくなるのと、熱ダレの心配もかなり減ります、同時に耐久性も向上するはずです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最低速度

2017-06-26 22:40:50 | NEWTON BRAKE
平らな道で、自分のクルマの最低速度が何キロなのかご存知でしょうか。

最低速度なので何キロ出るかではなく何キロまで落ちるかです。

スピードメーターの表示が曖昧だったり旧車なら針が動き出さないかもしれません。

アクセルを離してアイドリング状態に近いところで走る最低速度が「駆け足スピード」だったら⋯⋯
立体駐車場で身を細めたくなるような狭いスペースに向かって、確かめ確かめ進ませるには速すぎます。

通路で、買い物カートを押している人の後についていくには、ブレーキをかけてスピードをコントロールするしかありません。

歩く速さとクルマの最低速度が近ければ慌ててブレーキを使わなくても済みそうだし、歩く速さからならブレーキの一踏みで簡単に止まれます。

歩く速さ⋯⋯時速4〜5kmでしょうか。

このあたりの速度によって、落ち着いて走らせられるクルマなのかどうかの印象が分かれるようです。
たかが数キロの速度ですが。

皆さんのクルマは何キロまで下がりますか?

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ニュートンブレーキ本と四輪の書

2017-06-17 10:01:44 | NEWTON BRAKE
自動車を「速く走らせること」が上手い運転だと思い込んでいる人がたくさんいます。
この理屈で行けばゆっくりしか走らせられないドライバーは⋯⋯下手。

その人の考え方の元になっているものが何かによるのでしょうが、
速さに結びつくものがドライビングテクニックだと短絡的に考えている人ほど、
運転の基本とか初心者向けの運転教本には目を向けようとしません。

クルマを走らせることなんてワケなくできる自分はとっくに初心者ではないし、
知識も含めて運転上級者だからさらに上を目指す話でなければ聞く意味がない⋯⋯
おそらくですけどそんな人がニュートンブレーキ本を手にするとガッカリだったり薄いと思ったりするのでしょうか。

免許取り立ての娘に一言で伝える運転のコツは?と聞かれて「ブレーキをかけ始めたら踏力を一定にしたままクルマを止めること」
この一言でその娘さん、今では友達に安心ドライバーと思われています。

なので「踏力一定ブレーキ」と書いたチラシ一枚でもよかったですが、
何のことだか分からないといけないので、説明を加えてニュートンブレーキ本にしたのです。

踏力一定ブレーキの「項目」だけで60数ページ書いた訳ですから、ある意味「読みで」があります。

最近「ぶ厚い」四輪の書が出たので、本の厚さで文句を言う人はいないと思うのですが⋯⋯本の厚さ違いで運転のうまさに差が出るなら
それはそれで面白い話題になるような気がします。

17歳でF1ドライバーになった彼は数千ページのドラテク本を読破した・・・か?

ニュートンブレーキ本で運転を組み立てるか、四輪の書を熟読してから運転を組み立てるか⋯⋯⋯
どちらの本も自分の「好み」では無いと分かったら「野生」に戻るしかありません。

つまり理屈ではなく本能で走らせる⋯⋯これも悪い方法ではありません。
冗談ではなく相手は物理現象の塊なので、痛かったりドキドキするかもしれませんが、
思い込みなど全く通用しないことを知れば、そのうち力が抜けてクルマとの一体感を感じられるようになります。

どっちつかずが一番中途半端、「学ぶ」か「吠える」か⋯⋯です。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アベンシスの場合 その7

2017-06-12 11:04:15 | ガレージレポート(オリジナルボックス)



アウトバーンを走ってきました⋯⋯なんとなんとオーナー氏は新◯旅行でドイツへ、メルヘン街道にお城に自動車博物館・・・
と言った事情があって、ビルシュタインショックをアベンシスに組み込む作業がこの時期になりました。

後ろ頭をヘッドレストにツンツンとつつかれるような不快な揺れ、と言うのがアベンシスが持ち込まれた理由でした。

気になり始めたら気になって・・・当社に来られる前に一幕あったそうです。
その対策もそれなりに良かったのですが、良いところと気になるところが入り混じった状態でモヤモヤ。

その乗り心地の原因を探ります。

スプリングとショックアブソーバが別々に配置されているのがリヤサスペンション。
タイヤストロークに対して、ショックアブソーバーの「ストローク量」とストロークする「タイミング」と「スピード」が、
上下についているブッシュを押しつぶした後になるので一対一になりません、厄介な関係です。

この方式を採用しているクルマは多くあるのでアベンシスが特別なわけではありません。
しかしこの形式のまとめ(仕込み)は難しいのです。
と言うわけでここを疑って見ました。

ツンツン⋯⋯バネ下の重さが車体に吊りさがった瞬間に減衰が立ち上がり、車体にショックが発生する、と仮定して減衰値を見ていきます。
それらしいところがあるので、そこを対策してビルシュタインショックアブソーバーの減衰値を決めました。

試乗の印象は「サスペンションて本来こうですよね」(オーナー談)
「???」(国政)
ギャップを通過するたびにユサユサ揺れるのではなく、必要な時に動いてすぐに収まる・・
ハンドリングも良好、ツンツンが消えました。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅間火山耐久レース 2017 第2戦

2017-06-05 10:40:14 | イベントレポート
雪で第1戦は中止。
今シーズンの始まりは第2戦から。
15台が参加、我々が参加したオープンクラスは一台。
敵なしなのでゴールすればクラス優勝⋯⋯だったのですが、スタートするまでこのことを知らず。
当日朝に最終受付をしてエントリーの実態がわかり、エントラントとゼッケンが判明するのは競技がスタートした後だからです。

9時45分あたりから5時間レーススタート。
いつもなら開始直後の一時間は路面がきれいでラップタイムも速く周回数が一番多いはずなのにすぐに赤旗。
転倒車、クラッシュが続き、その後もまんべんなく赤旗⋯⋯

今回の浅間火山耐久レースを見学に来られた二人に、
転倒してひび割れたままのフロントガラスで走っている(オフィシャルに安全を確認してもらってからですが)ボコボコのクルマの印象はどう映ったことか、
それも一台や二台ではなく。
時間が経つにつれ足回りのトラブルが増え始め、フロントタイヤがあらぬ方向に向いたクルマが引きずられてきます。
こういった場合ドライブシャフトがミッションの出口のところからすっぽ抜けて泥だらけ。
大概⋯⋯



さながら軽自動車破壊レース、又は壊さないウンテン大会は、各車の弱いところ確認できますレースのようなものでもありました。
どのクルマだったかリヤラテラルリンクが座屈して破断⋯⋯そのクルマを見たオフィシャルが、あと少しだからそのまま走れ・・・
もちろんユックリですが走らせてゴールしました。

我々はクラス優勝、総合で2位、トラブルなし(出ず?出さず?)
昨年まで我チームのドライバーだった人が新たに大学生チームを率いて参加。
そちらはクラス2位総合3位、壊さない、かと言って遅いわけではない素晴らしい闘いぶり。

美味しい「レタス」を賞品でいただきました。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日曜日

2017-05-27 01:13:56 | ドライブレポート
宮ヶ瀬ダムの周りにある駐車場の風景。

天気のいい日曜日の朝方、スバルff-1に乗って出かけました。

旧車と言われるクルマが集まってくるよ、と聞いていたのですが到着時間が早かったのか台数は少なめ。

しかし今では見かけないクルマが集まってきました。

サンバートラックには、カルダンジョイントのドライブシャフトが付いていました。年代はff-1とほぼ同じ1960年代後半。

ff-1には、現代では当たり前に使われているCVJ(等速ジョイントと呼ばれるもの)が国産車で初めて採用された。ので移り変わりの時代だったことがわかります。

牛乳ビンが6本入る手提げバッグも室内に置いてありました。

楽しんでいる様子がオーナーのこだわり方から伝わってきます。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

クルマのトリセツ

2017-05-17 20:22:14 | NEWTON BRAKE
と、かねがね森慶太氏は「四輪の書」のことをさして言います。

クルマを正しく扱う方法を書いてある本だから「クルマの取り扱い説明書」と言うわけです。

あまたあるドライビングテクニック本は一部の突出した場面での操作方法と言えなくもないと思います。

早く言えば走る場所の想定もそこで起きることも、操作の内容も限られている中でのお話。

周りの状況には関係なく、自分のクルマを走らせることだけを想定、そこの尖った話が興味をそそる⋯⋯のですが。

「四輪の書」はおじいちゃんが孫に説いて聞かせるような内容です⋯⋯眠くなるかもしれません。

しかし「クルマのトリセツ」なので濃く書いてあります。

ガレージに戻ってこられるだけでなく、快適なクルマ旅につながる運転術も書いてあります。
クルマの運転が「上手くなるまで読み続けられる本」とも言えると思います。

ある日山の中を走っていて、頭の中に入っていたトリセツの一部とクルマの動きがつながる瞬間が訪れる⋯⋯これも楽しみの一つです。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加