サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

助手席から運転を考える

2017-02-22 10:34:16 | NEWTON BRAKE
次回の運転練習会(ニュートンブレーキday)のメニューに加えてみたらどうかなと思っているのが「助手席から運転を考える」です。

常に受け身である助手席の人になって、気になる瞬間とはどんな時なのか、そしてその時の運転操作を考えてみようという話です。

運転手の中には自分の操作に体が慣れてしまって、どんなGが出ているのか客観的に分からない人がいるのです。

昔出会った人の中に、隣に誰も乗ってくれないとぼやいていた「腕自慢」ドライバーがいましたが⋯⋯笑えない話です。

まさか、免許証を持っていない人は運転について疎いから何も感じていないはず、なんて勘違いはしていないとは思いますが、
免許年齢に達しない子供でも、お父さんのマズイ運転で車酔いします。
自分で運転しない同乗者の方が敏感に感じているということを知る必要があります。

ごく僅かなGの変化を人は感じ取ります。
前後だったり横だったりタテだったり、進路の変化は横Gと回転運動を感知しています。
これらがごちゃまぜになってクルマの揺れになり、クルマの乗り心地(個性)になっているのですが、
快適と不快の境目が僅かな運転の工夫で変えられるというのもあります。

免許証を持っている人の中には、人の横には乗りたくないと言い切る人がいます。
自分と違うタイミングで運転されるのが嫌なんでしょうね、ある意味身勝手⋯⋯
でもそのやきもき体験と自分の運転と照らし合わせてみることで、何か気がつくことがあるはずです。
これが助手席から運転を考えるということです。
怖い、は論外ですが何か起きやしないかと目を離せないのは疲れますよね〜
ドライブが楽しくありません、ときには苦痛だったりします。

まず同乗者の心を知るところから運転を組み立てる⋯⋯ここから始めるのが実は最も効率のいい運転改善の方法かもしれません。

具体的にどうすればいいのかはこれから考えようと思います。

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 痛い! | トップ | アベンシスの場合 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
自分の運転を再生できたらと (お昼休み中)
2017-02-27 12:35:28
いつも覗かせていただいております。

子供が3歳を過ぎて車酔いを呈するようになってからというもの、助手席から、という視点は常々気になっているところです。

究極として、自分の運転操作を再現できる車があればいいのに、と考えています。
(好みの車ではありませんが)今時のアシストだらけの車なら、技術的にはできそうな気がするのですが、実現するには障壁が大きそうです。

地道に頑張ります。
書き込みありがとうございます (くにまさ)
2017-03-01 08:43:45
もしも自分の運転操作を再現できたとしたら⋯⋯
問題なのはその先だと思います。
クルマ酔いの元になっている操作を自分で認識できるかどうか、次に酔わない操作に切り替えられるかどうかです。
それができるなら、誰かの助手席でも自分の運転に落とし込むヒントが得られるはずです。
いやいや自分の運転を知りたいんだよというのであれば、子供ではなく「しゃべってもらえる」大人に助手席インプレッションをお願いすればいいだけのことです。
一人では気がつきにくい⋯⋯
そこで今回の助手席から運転を考えるなのです。

返信ありがとうございます (お昼休み中)
2017-03-01 12:33:21
私の場合、出発点であるところの“クルマ酔いの元になっている操作を自分で認識できるかどうか” 、この部分で引っかかっていると思います。

運転者でいると、操作をする意思・予定があるので、その後の車の挙動に対して予測と身構えが出来てしまいます。そこを切り離せればと思っています。
自分で操作したのであっても、車の挙動を終始客観的にみられるようになりたいと。

まずは率直に意見してくれる同乗者を作ります。
ありがとうございました。
書き込みありがとうございます (くにまさ)
2017-03-01 15:52:00
知り合いに、自分の運転が変わったかどうかを同乗している子供基準で様子見していた人がいます。
何だか気持ち悪い〜なのか、それとも寝てるか、ゲームに夢中か。
自分が他人の横に乗ってみる(タクシー、バス)でもいいと思います。
つい先日乗ったタクシーは、アクセルに足を乗せている間中ブオーブオーと煽りつずけていました。当然加速Gが変動します。不快です、でも本人は気がついていない⋯⋯結構遭遇しますね。
勉強になります (お昼休み中)
2017-03-06 12:59:24
なるほど、言葉でしゃべるばかりが反応ではないですね。
こちらから同乗者を観察するようにも致します。

滅多にタクシーに乗らないのですが、煽り続けの方に私も遭遇しました。
個人の方でシーマ。珍しかったので車選びについてお聞きしたら、「クラウンよりもしっくりするので選んでるけど、燃費は仲間のクラウンより悪いんですよ」とのこと。
そりゃぁ、車のせいではないと思いますが、という言葉をのみこみました。

いろいろとありがとうございました。

コメントを投稿

NEWTON BRAKE」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。