サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

アベンシスの場合 その5

2017-04-04 22:07:06 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
ショックアブソーバを伸ばしたり縮めたりした時に発生する抵抗力を数値化したものが
減衰値と呼ばれるもので、いわば体力測定値。
硬さの目安と言えるものです。
それをクルマに取り付けるとどんな印象になるのかは走らせて確認します。
クルマが話しかけてくる揺れ、振動、応答を「感覚」で捉えて減衰値を盛りつけたり減らしたりしていきます。
この場面では「数値」で追いかけることはしません。
イメージしたカタチに荒削りから徐々に仕上げていく彫刻の過程に似ています。
大きく違うのは目で捉えられる彫刻に対して、クルマは「体感」⋯⋯何も見えません。

カラダを物差しにしてチューニングを進めていくのです。
ショックアブソーバーテスターはチューニング作業を進めていく上での補助の役目しかしません。

普段乗りで支障をきたさないギリギリ(少なめの減衰値)のところで乗り心地と、安定性のバランスを見極めつつ減衰値を決めるのですが、
あちらを立てればこちらが立たずのようなことが起きたり、対策しようとしているのに原因が掴めずなかなか進まないなんてことがあります。

今回のアベンシスがどれに当たるかはなんともですが、ある人にとって気になる乗り心地があったわけです。
しかもそれがほんのわずか⋯

『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アベンシスの場合 その4 | トップ | アベンシスの場合 その6 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。