サスペンションを中心に毎日がまわっている、国政久郎のブログ

オリジナルボックスの業務紹介、サスペンションの話、試乗記、旅の話、諸々・・・。

アベンシスの場合 その3

2017-03-20 17:46:58 | ガレージレポート(オリジナルボックス)
ピストンスピードと減衰値の関係を表したグラフから読み取れること、
あるいは想像できることは限られているのですが、
大まかな傾向がみて取れることもあります。

今回の場合はハンドリングです。

ハンドルを操作してコーナーに入って行くときに、アウト側前輪のショックアブソーバは沈み込み、
イン側は伸び上がります。

後輪外側はブレーキングで一度伸び上がり次に沈み込みます。
内輪はブレーキングで伸び上がりさらにそこからもう一段伸び上がります。
ブレーキングなしでハンドル操作した場合は、始めの伸び上がりがないだけであとは同じ。

ハンドル操作が素早ければ連動して車体の動きが速くなるので、
一概にショックアブソーバーのピストンスピードを限定する事はできませんが、
0・05m/sec(一秒間に5cmストロークする速さ)近傍が車体が傾く時のスピード。

グラフ上の0・05m/secの数値を見ると、
伸び側が60kgf、縮み側が20kgf、
ロールして沈み込んで行く側は20kgf、
それに対して伸び上がり側は60kgfの減衰力を発生します。

同じ時間内でのストロークバランスは、数値の大きい伸び側はゆっくり少しだけ動き、
数値の低い沈み込み側は速く多くストロークすることが想像できます。

この時に片方が伸び上がりもう片方が沈み込めば、双方の間のどこかに動きの中心があるはずです。
これがロールセンターとかロール軸と呼ばれているもので、
一般的にはサスペンションのジオメトリーによって決まると言われています⋯⋯
但し従来から言われている説はあくまで幾何学上での話。

今回のようなケースでは左右のストローク量から換算して、
ストロークの少ない側に寄った位置にロールセンタがありそうです。

極端な話でいえば、内輪側の伸びストロークがゼロで、外輪側だけが沈み込んだ場合、
内輪を中心として車体が傾くと考えれば分かります。

つまり実際の動きの中心は、両輪の時間当たりストロークのバランスに影響されるということです。

アベンシスの場合内輪寄りに傾きの中心があり、外側の沈み込み量を多く感じるので、
ぐらっと倒れこむようなロールを感じるはずです。




『モータースポーツ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 四輪の書 | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ロールセンター (Jun☆)
2017-03-20 22:28:11
いつも興味深く拝見しています。

ロールセンターと言えば昔からサスペンションジオメトリーによって決定され、よくあるベクトルの矢印の書かれた図をみることがあり、その通りだと信じてきました。

今回のダンパーの減衰力によってもロールセンターの位置が変わるという話。
「なるほど!」と納得しました。
國政さんのお話は、こういうところが面白いです。

世間一般のダンパーは、縮み側より伸び側の方が減衰力が高いのが当たり前。
これをどうチューニングするのか・・・

続きが大変興味深いです。
楽しみにしています。
書き込みありがとうございます (くにまさ)
2017-03-21 07:58:45
気持ちよくロールさせるには、伸びと縮みを同じにすればいいのかというと、そう簡単にはいきません。
縮み側の減衰値を高くしていくと乗り心地に影響が出始めます、さらには後輪のショックアブソーバーも伸び縮みするので、ロールの瞬間に仲良く一斉のせいで動くようにバランスを見ます⋯⋯なんせ四つ脚なので。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。