富士山の裾野市商工会公式ブログ

HPリニューアルいたしました! http://www.susonoshi-sci.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

トヨタの北米戦略の切り札はMAZDA

2015年04月02日 11時23分52秒 | 知識の泉

世界に冠たる超大企業TOYOTAさんですが、北米戦略で展開してる車種サイオンシリーズで、MAZDAさんからOEMを受け販売するそうです。最近のMAZDAさんはCFでも絶好調の様子がわかりますが、いよいよ本格的になってきましたね。むかしむかし「MAZDAなんて・・・」と呼ばれていたメーカーさんですが、私は今のデザイン大好きです。ガンバレ~MAZDA!

裾野市商工会:055-992-0057) 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 裾野情報へ 

日経webでは~トヨタ自動車の米国若者向けブランド、サイオンは4月1日(日本時間4月1日夜)、米国で開幕したニューヨークモーターショー15において、サイオン『iA』を初公開した。iAは、サイオンブランドにとって、初のセダン。サイオンはこれまで、小型ハッチバックや2ドアクーペが主体のラインナップを展開してきた。4ドアセダンの投入で、新たな顧客層の獲得を狙う。サイオンによると、iAは機能性を重視しつつ、スタイリングや運転する楽しさも求める若い顧客に向けたセダンになるという。iAは、マツダが主に東南アジア市場に投入している新型『デミオ セダン』がベース。グリルやバンパー、ヘッドライトなどを専用デザインにすることで、サイオンらしさを表現した。この背景には、トヨタとマツダが2012年11月、「トヨタとマツダ、メキシコでの生産について合意」との発表がある。2014年2月末に稼動したマツダのメキシコ新工場で2015年夏頃から、新型『マツダ2』(日本名:『デミオ』)をベースにしたトヨタ向け小型車を年間5万台程度生産し、トヨタが北米で販売することが決定していた。
サイオンiAのエンジンは、マツダ製の1.5リットル直列4気筒ガソリン。最大出力106hpを発生する。トランスミッションは、6速MTと6速ATが用意されている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤマハ発が欧州で四輪車を発売へ、早ければ2019年

2015年02月27日 12時05分35秒 | 知識の泉

試作車のMOTIV、小型で良いではないでしょうか私好みです。

HONDAさんもそうですけど、バイクメーカーの四輪参入は大いに歓迎したいですね。因みに私の持っているバイクのうち一台はYAMAHA製のエンジンを積んだとても魅力的な一台です。少しづつ元気になっていく日本のメーカーさん、がんばれ~~

裾野市商工会:055-992-0057) 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 裾野情報へ 

[27日 ロイター通信webより] - 二輪車メーカーのヤマハ発動機<7272.T>は27日、2019年にも欧州で四輪車を発売する方針だ。関係筋によると、まずは小型車需要や環境意識の高い欧州に投入する。専用工場を建設して生産する。四輪車工場の建設には一般的に数百億円規模かかるとされるが、生産場所や投資額はまだ確定していない。
 ヤマハ発は13年11月の東京モーターショーで、小型四輪車の試作車「MOTIV(モティフ)」を公開。2020年までに製品化して四輪車事業に参入する方針をすでに表明している。同社は2人乗りで排気量1000ccのガソリン車と電気自動車の開発を進めている。販売は欧州を皮切りに、日本、アジアでの展開も視野に検討している。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

好調トヨタ、取引先への利益還元で苦悩…社内で「倹約意識の薄れ」危ぶむ声も

2015年02月05日 12時33分56秒 | 知識の泉

webmasterの私管理人は三ちゃん商売の毛が生えた商売を日々せっせとしていますが、一生に一度でも使い道に困る程お金(資金)があることって「夢のまた夢」、なんですね。トヨタさん、やっぱ凄い!

裾野市商工会:055-992-0057) 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 裾野情報へ 

sankei-webより~トヨタ自動車が2015年3月期に2兆円を超える過去最高最終利益を見込んだことで、約3万社ともいわれる取引先や従業員への利益還元を求める声が一層強まるのは必至だ。「もうけすぎ」との批判も一部で出るなかで、国内最大の製造業として景気回復への貢献度が問われる。ただ、利益の上ぶれは円安による海外販売の採算改善が主な要因。将来円高に転じる可能性も見据え、持続的成長とどう両立するのか難しいかじ取りを迫られる。「デフレ脱却と『経済の好循環』が日本経済にとって極めて重要だ。企業としてできることを考えたい」。トヨタの佐々木卓夫常務役員は4日の決算会見でこう述べ、取引先の活力向上につなげるため利益を還元する考えを示した。

 トヨタは15年度上期、取引先企業に対する部品購入価格の値下げ要求を見送る方針だ。14年度下期に続く見送りとなる。トヨタは従来、半年ごとに1~1.5%程度のコスト削減を求めてきたが、取引先の負担を軽減して賃上げを後押しする。アイシン精機などトヨタグループの主要部品メーカーも同様の措置を取るとみられる。国内生産の約5割を輸出に回すトヨタにとって円安効果は大きく、1ドル当たり1円円安に動けば営業利益が年400億円上昇する。だが、海外に販路を持たない中小部品メーカーは原材料価格の高騰で逆に打撃を受けている。ある部品メーカー幹部は「円安はむしろマイナス面のほうが強い。ベアなんて考えられない」と苦しい実情を語る。こうした2次、3次の取引先にまで値下げ要求見送りの効果が波及すれば、円安の恩恵を受けられない中小企業にも賃上げ余力が生まれる可能性がある。

 また、トヨタは15年春闘でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善を2年連続で実施する見通し。労働組合は昨年の妥結額の2倍超となる月額6000円のベアを要求する方針を固めており、春闘相場をリードしそうだ。安倍晋三政権の強い期待感に応えるため、日本を代表する企業としてトヨタが腐心している様子がうかがえる。ただ、コスト削減努力はトヨタの競争力の源泉だ。今期の最高益更新は1ドル=80円を上回る円高水準でも利益が出せるレベルまで無駄をそぎ落とした結果ともいえる。今後も部品コストが下がらなければ競争力に影響を与える恐れもあり、社内では「好業績のなかでトヨタ伝統の徹底した倹約意識が薄れてはいないか」と危ぶむ声も出ている。将来的に為替相場が円高に反転すれば、足元の円安効果がはげ落ち、ベアや原価改善努力の緩みによる収益構造の悪化が大きな打撃となりかねない。独フォルクスワーゲンなどのライバル企業と世界販売首位を争うトヨタにとって、利益還元の大盤振る舞いで「稼ぐ力」を毀損(きそん)すれば、それはそのまま負の遺産となる。成長を維持しつつ、社会的責任にどう応えるのか。好業績の影で、抜きんでた強さ故の課題がトヨタを悩ませている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トヨタが燃料電池車関連の全特許を無償開放

2015年01月08日 02時17分21秒 | 知識の泉

次に来るのは「燃料電池」、といわれて十数年、世界に先駆けようやく市販製品化したトヨタさんですが、なんと太っ腹に燃料電池車関連の全特許を無償開放するそうです。世界標準を見据えた狙いもあると思いますが、さすが世界に冠たる企業さんですね、立派!因みに我が裾野市には、その燃料電池開発を勧めているトヨタ東富士研究所があります。郷土自慢が増えました!

裾野市商工会:055-992-0057) 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 裾野情報へ 

 

[ロイターwebでは] - トヨタ自動車<7203.T>は6日、同社が単独で保有している燃料電池関連のすべての特許約5680件を無償で提供すると発表した。トヨタの特許を無料で使えるようにすることで、燃料電池車の生産や燃料となる水素のステーション整備を後押しし、燃料電池車の普及を加速させる狙いだ。トヨタはこれまで提携先の企業に限って有償でハイブリッド車などの技術の特許使用を認めてきたことはあったが、今回のように不特定の企業などに対して無償で特許を提供するのは初めてという。対象となる特許は燃料電池システムの制御に関連した約3350件や燃料電池の中核部品であるスタック関連の約1970件など。燃料電池車の開発や生産の根幹となる燃料電池関連特許の無償提供は2020年末までの期限付きとする。一方、水素供給・製造といった水素ステーション関連の特許約70件については無期限で無償提供する。自動車メーカーは技術流出などを警戒し、特許は有償で、あくまでも提携先に限るのが一般的といわれる。トヨタは昨年12月、自動車メーカーとして初めて燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の一般ユーザー向け販売を開始した。だが、市場創造のためにはトヨタ1社だけでは難しいと判断、異例の対応に踏み切った。無償開放により、燃料電池車の規格でトヨタ方式が事実上の標準になることも期待される。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裾野市商工会長 年頭のご挨拶

2015年01月06日 15時56分48秒 | 総会・理事会・役員会

裾野市商工会 会長  勝又規雄

  新年あけましておめでとうございます。皆様には輝かしい新春をお迎えのことと心からお喜び申し上げます。平素から商工会活動に深いご理解と多大なるご支援ご協力を賜り誠にありがとうございます。本年も相変わらずのご支援よろしくお願い申し上げます。

 さて日本経済はアベノミクスにより輸出産業を中心として景気の回復が見られましたが、小規模零細企業には景況感が伝わらず、むしろ円安による原材料の値上がり電気等諸物価の高騰などにより、一層経営環境が苦しくなっているのが実情です。このような状況の中、私共商工会は商工業の振興と、社会一般の福祉の増進に資するため、経営支援や地域の活性化を図ることを目的として様々な活動を行ってきました。経営指導員のもとで金融・税務・経営・労務などの相談や指導に従事すると共に、商店街の近代化や街おこし事業にも取り組んできました。しかしながら会員の後継者問題等もあり事業縮小・廃業等が続出し会員の減少に歯止めがかからない状況であります。現在、商工会職員・役員を中心に企業訪問をさせていただきながら、商工会の事業をご案内するとともに、各種制度の勧奨をさせていただいているところでございます。是非商工活動に深いご理解いただき、さまざまなメニューを活用し皆様の会社の発展にご活用いただければと思います。

今、裾野市は恵まれた観光資源を活用して街づくりをしながら如何に賑わいを創出するかが大きな課題であります。世界文化遺産に登録された富士山、ICIDかんがい遺産の深良用水、近隣では伊豆ジオパーク、韮山の反射炉と観光資源に枚挙をいといません。これらの観光資源を活用し外国人をはじめとして、広く誘客運動を展開して街興しをしていきたいものです。そして忘れてはならない観光資源がパノラマロードの花いっぱい運動です。商工会ではこれらの事業に対し誘客の為のパンフレット・看板作りなどのお手伝いと助成金のご案内もしております。皆様とともに富士山を活かした街づくりを模索しながら「花の駅構想・モロヘイヤの街裾野の情報発信・すそのブランドの商圏拡大」に取り組んでいこうではありませんか。

今年も皆様には相変わらずの深いご理解とご協力・ご支援をお願い致しますと共に、この1年が皆様にとってよき年でありますようお祈り申しあげ、新年のご挨拶とさせていただきます。

裾野市商工会:055-992-0057) 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 裾野情報へ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加