だーほうよーのアワの唄♪

人生放浪求道者の独り言。 

今年のお盆は忙しい

2017-08-13 21:44:33 | ひとりつぶやき
 今年ほど、身体の老化が肌身に滲みる年はありません。

筋肉の硬化から来る身体全体の硬直化は、朝の寝起き時から肌身で感じるし、

運動不足解消の目標も余りの猛暑で捗らず、思うように実践出来ません…。


 しかしそうも言っていられない事態が起きて、動かざるを得ない状態が

3、4日続きました…厳密に言えば、1週間くらい。


 兄弟の内の長兄が身体の具合を悪くして、緊急入院となってしまいました。


 ひと月ほど前の7月には元気そうな姿を見せていたのですが、暫く音沙汰がない?

と首を傾げてたのですが、本人からの電話で「とうとう、ちゃがまったわー」と

入院・手術の報告がありました。 *ちゃがまったとは、徳島弁で調子が悪く

にっちもさっちも行かない様子の事です*


 さて、お盆と言えば祖霊まつりがメインとなりますが、私の祖先を祀る墓地は

共同墓地ではなくて自分の敷地内に在ります。


山と田圃に囲まれた里山の日当たりが良い場所に在るのですが、掃除が大変なのです。

墓石以外は、自然の木々ばかりなので一寸清掃などを見逃すと、あっという間に草木が

ボーボー状態。


 兄の入院・手術の声を聴いてお盆を迎える山間の墓地を下見に訪ねましたが、唖然!状態。

もう正に、草木ボーボーの生え放題って所。


 マダニに咬まれる覚悟を決めて、草刈機や鎌、鉈を持って墓掃除です。


墓が核心の場所なのですが、それまでに到る道中もある程度調整しなければと

泥土が剥き出しの道の両脇の雑木や草など、槙囲い塀の剪定などなど悪戦苦闘です。


 汗は吹き出しぱなっしで、意識朦朧寸前…。

でも身体全体が環境に慣れてきたので、難なくこなせる事は出来た感じです。


ザックリとですがお掃除出来たのは、丸3日は掛かったでしょうか?


 最後の最後に終了の水とお線香を上げた時には、見事な黒アゲハ蝶が何処からとも無く

飛んできて労いの舞を魅せてくれました。


 何か蝶って精霊みたい?

だーほうよーのアワの唄♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 室戸の山風 | トップ | 思わず海に直行 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。