さるやは行く!!!!

さるやは行く!!!つづき・・・。

 尾白山は オジラヤマ と 読むようです。

2016-11-02 07:33:31 | お山

 登山靴は SIRIO シリオです。

 

 型式番号は忘れたけれど 山登りを始めた頃から

 同じ型を 履いています。

 

 登山を始めた時に

 主水さんに教えてもらって

 水道橋の 「 さかいやスポーツ 」 で 店員さんと 選びました。

 こんな世界があるのだと

 その時は 少し背伸びして 山屋になるのが かっこいいって 感じていました。

 自分が逞しくなれるような気がしました。

 

 その後 テント泊に 一人で雲取山へ行き

 店員さんのおすすめシュラフで意気揚々。

 そして 寒さに震えて 撃沈。  (-_-;)

 山小屋へも入れてもらえず

 このままでは 〇んじゃう!って思って

 慌てた 焦った 追い詰められた苦い経験も

 この靴としました。

 

 えらい目にあって

 自分に合った登山は

 自分で調べて 決めていかねばならないのを 学びました。

 

 「ゴロー」で革靴を作ったこともありました。

 他のを履いてみたこともありました。

 だけど やはり SIRIOのこれが しっくりきています。

 

 山屋らしく 革靴で 自分の足に歩いて合わせ

 皺も 光沢も 登った山の そして 登った自分の記憶を

 刻みたいと思ったけれど

 そんな 渋い山屋では なかった自分が ここにいます。

 それでも シリオのこの型の靴は

 4代目。

 始めた頃は ちょっとの斜面でも 下りられなかったけど

 今は なんとか どうにか 下りてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まあ 例えば こんな道。

 四つん這いが必至です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 紅葉斜面が見えるのは

 こんな 急斜面の途中です。

 なにかに掴まっていないと

 転がっちまいそうな 急斜面。

 今では ここも 下りられます。

 登れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この斜面を見たくて 延々 登って2時間半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 向こうにこんな山が見えたので

 「 あれがオジラヤマだねきっと まだ 遠いね 」 と話していたら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 実は もう すぐそこが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 山頂でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 手前の紅葉もまた さるや隊の到着を待ってくれてたみたいです。

 因みにさっき見えた丸い山は 丸山というお名前で

 登山道はないけれど

 積雪期には 行けるようですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今回は 久しぶりに 本格的に山登り。

 さるやの石も置きました。

 

 こんなフェイスの石でした。

 下山は ピストンでしたけど

 もしかしたら これから下山も レポするかもしれません・・が、しないかもしれませんので

 

 下山後の温泉が 「 古町温泉 赤岩荘 600円 」 だということだけは

 お伝えしておこうと 思います。

 

 

 山頂まで 3時間。 ひどくゆっくり登りました。

 下山は やはり 滑るので 本当にゆっっくりと 3時間。

 

 途中 お昼を山頂で のんびり食べて

 展望も楽しんで

 下山途中で また お茶飲んで

 全部で 7時間もの間

 尾白山で紅葉見物。

 

 体が楽になったので 大変 楽しめた 山行でした。

 

 

 

 

 山頂の展望は 載せられたらまた 今度。

 

 

                    ちゃお!

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  てんとうむしのサンバ。 | トップ |  富山へ出張のついでに。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (sanae)
2016-11-04 20:52:01
すごい!紅葉もサクサク登れる効果も!(^^ゞ
私もいつか・・・行きたい、サクサク登りたい^^;
石は間に合うかな…来年じゃ無理ですねぇ・・・(涙)
sanaeお姉さま、コメントありがとうございます。 (さるや)
2016-11-04 22:57:53
ご存知のように、さるやは皆様の1,5倍は掛かるのでお姉さまならば楽勝だと思います。
紅葉はもう少し早い方がよかったかもしれません。
できれば、濡れていない日がよさそうです。
河童さまがおっしゃるように、スパイク付き地下足袋はいいかもしれません。
会津の山も、会津地方の雰囲気も好きで、また、どこか登りたいと思っています。
お姉さまならさっくさくですよ~きっと。

コメントを投稿

お山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。