さるやは行く!!!!

さるやは行く!!!つづき・・・。

 いつも花を当てられず。

2017-05-18 10:40:42 | お山

 天気が悪いのは 嫌いじゃ無い。

 展望フェチじゃないし、天気が悪けりゃ 山が五月蠅いことがない。

 どうも、たくさん人が居て わいわい登っているのに遭遇するのは

 好きじゃ無い。

 ぽつんぽつんと 時折 誰かに出会うなら

 それは いい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 軟膏を貼って 気長に治そうとしてる足の裏は

 10日ほど経っても まだ いぼは 取れそうもない。

 そんなに痛くはないけれど

 10時間もは歩けない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 熊が居そうだから

 ひとまず 人間用痴漢撃退スプレーを持参して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 戦う時のために

 ピッケルも装着した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、用意をして出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 大間々の駐車場から伸びている 林道のような登山道。

 ミツモチ山と高原山への入口です。

 手前に ミツモチ山のやしおコースの入口が左側。

 少し進むと 右に高原山への入口。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 その先を進むと

 自然と ミツモチ山の青空コースになってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まさかこんな道がず==っと続いて

 ミツモチ山へ行けるわけないし

 途中から山道に入るのだと思っていたら

 大間違い。  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな道が 青空コースです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 車でも通れそうな平坦な道。

 こんな道で ほぼ山頂直下まで進む事ができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 傾斜もほぼ無く

 時折 アカヤシオを鑑賞し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 霧に霞む 幻想的な光景を

 独り占めにしながらの 山歩き。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 他にはスミレが咲いている程度で

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どこまでも 平坦。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 天気が悪いせいと

 「山の駅 たかはら 」さんでも 「全然花は咲いてません」 との 電話対応のせい?で

 歩く人も まばらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 それでも案外2.9kmは 走る訳でもないわけで

 人がいなくて 空いてる登山道でも

 1時間程度は必要です。

 歩きながら 帰りは 同じコースで 楽  をしてやろうか

 それとも 未知のコース やしおコースに 行ってみようかと

 迷っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  前日降った雨のために

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 沼も出来ていた5月14日。(登山道上ではありません)

 歩いている道は じゃりみち。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これでええのか?と

 向こうから来た人に聞いてみたら

 「 ず==-っと こんな道ですよ 」 ってことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 で・・・

 ず~~っと こんな道を来た果てには

 ほんのちょっと山頂までの登りがありましたけど・・・ (´。`)

 50mもないくらい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 自宅で二階へ上がる程度上がれば

 そこが 見晴台。

 ミツモチ山の標識がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて やはり 来た道を帰るのは 若干 おもしろみに欠けますから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りは やしおコースで 帰ることにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一人は いいなぁ~

 他人の意見を聞くこともしなくていい。

 自分の行きたい方へ 行きたいように 歩けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 帰りに選んだ ヤシオコースにも

 同じように 林の陰に

 アカヤシオが ちらほら咲いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 しかし

 (´。`)

 前日降った雨のせいで

 足元は ぬかるんで

 ヤシオコースを選んだことを

 後悔したり

 でも

 山道を歩けることを

 喜んだりしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 獣臭はしなかったので

 たぶん 熊は いないものと 思いながら

 歩いて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  鈴を忘れてきたので

 大声で 河島英五の 「 酒と泪と男と女 」 を 歌いながら 歩いていました。

 あれは とても 良い歌です。

 

 

                 つづくかな?????

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  ほぼ平行移動の山。 | トップ |  鍋焼きうどんがある方じゃ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい山ですやん! (   河童)
2017-05-18 16:31:59
>天気が悪いのは 嫌いじゃ無い。
 同じです。
特にツツジは霧の中が美しく感じます。
河童さま、コメントありがとうございます。 (さるや)
2017-05-19 07:17:14
霧で上手いこと写真が撮れませんが、(腕のせいかも)実際にはとても美しく咲いています。
自分だけの独り占めでその美しさを目出ることができる。
解放されたこころが喜びます。
山はいいです。
どんな時もきっと。
猿板さまのセンスの良いおやつやお食事を見るにつけ、仲良くってのもこんな形ならいいなって思います。枇杷も天下一品のおもち?も、なんて美味しそうなんだろう。
Unknown (sanae)
2017-05-19 22:03:29
飲んで~飲んで~飲まれて飲んで~♪

私も好きな歌です(^_^ゞ
歌詞違うかな?(^-^;

片手に電気ブランとか?(^_^ゞ
sanaeお姉さま、コメントありがとうございます。 (さるや)
2017-05-20 07:46:16
う~~~懐かしいです電気ブラン。一時とっても懲りましたからね~。
知らなかったのですが、たまたま、中古の我がアウトランダーに、歌が収録されておるのを発見しまして、その中に「川島英五全曲集」なるものを見つけ、聴いてみるとなんともいい歌が収録されておるではありませんか。
懐かしい曲が他にも・・・。ぷりぷりの曲とか。
車ではひとりですので、大きな声で熱唱中です。
主に、首都高速川口線及び湾岸葛西から千葉方面もしくは京葉道路で。
職場の行き帰り往復4時間を有効に使えている昨今です?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。