備忘録

パソコンやプログラミングなどについてメモをする

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

red5のインストール

2011-02-21 12:25:02 | Apache HTTP Server
red5というソフトをインストールした。

red5
http://code.google.com/p/red5/

red5はオープンソースで、Javaで書かれたFlashサーバらしい。
現在の公式な最新版は、1.0RC1(2011年2月2日リリース;現地時間?)だが、
RC版なので一つ下の0.9.1Final(2010年2月21日リリース)をダウンロードした。

インストール先の環境は、
OS:Windows Vista 32bit SP2 Home Premiere
Memory:4GB
なので、Windows用のバイナリファイルをダウンロード。
ダウンロードしたファイル名は、setup-Red5-0.9.1.exe。
このファイルを実行すると、インストール開始。
インストール中に聞かれた事が2つあった。
IPアドレスとポート番号の2つ。
IPアドレスは、固定IPを振ってあってそれを指定(192.168.0.11)。
普通は127.0.0.1を指定するみたいだけど、それだとネットワーク内の他のPCからアクセス出来なかった。
192.168.0.11だと大丈夫だった。
ポート番号は、ネット上の情報によると5080が良いらしいので、5080を指定。
これでインストール完了。

ブラウザをhttp://192.168.0.11:5080を開くと、red5のページが表示されるはず。
red5のページが開かなければ、思いつく問題点は2つ。

(1)IPアドレスの指定が間違っている可能性。
これの解決策は、%Red5%\conf\red5.propertiesファイルで、該当するIPアドレスを修正して、red5を再起動。
%red5%は、インストール先のフォルダの事。
例えば、C:\Program Files\Red5にインストールしたなら、
上記のファイルの絶対パスはC:\Program Files\Red5\conf\red5.propertiesとなる。

(2)red5のサービスが停止している可能性。
インストールしても、サービスが停止している場合は、red5のページは開けない。
Win + R の「ファイル名を指定して実行」で、services.mscを実行。
サービス一覧の中からred5を探して起動させる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Google Maps API Familyについて | トップ | Visual StudioのStartPagesフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Apache HTTP Server」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事