会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1354

2017-03-07 19:55:39 | Weblog
会津八一に関するブログ 269

南京余唱第35首(八一) 2012・6・14(木)

 東伏見宮大妃殿下も来り観たまふ (第1首) 解説

  あさ さむき みくら の には の しば に ゐて
          みや を むかふる よきひと の とも

    (秋寒きみ倉の庭の芝にゐて宮を迎ふるよき人のとも)


 この大妃殿下は依仁(よりひと)親王妃周子(かねこ)で、岩倉具視の孫にあたる。また加山雄三にとって大伯母になる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1353 | トップ | 会津八一 1355 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。