会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1217

2016-10-08 23:11:59 | Weblog
会津八一に関するブログ 131

香薬師と八一 2009・2・1(日)

 『私は新薬師寺へ行って香薬師を拝みました。その時「ちかづきてあふぎみれども」という歌を詠んだ。ところが奈良を去って、幾何(いくばく)も無く新聞を見ますと、香薬師さんが盗まれて何処かへ行ってしまった。・・・腕輪のようなものをはめておられたけれども、それが純金でないかということで盗んだ。ところがそれは純金でないということで何処かへ捨ててしまった。それが数日して畑の中から出てきた。・・・何時も私の行った後で盗まれた。それが三度もあった。私も連累ではないかと怪しまれやしないか。』 会津
 『あの仏像を見ていると盗みたくなりますね。』 亀井
 『そうなんです。盗難にあった後、・・・吉井勇が「香薬師もとの御堂に還れよと秋艸道人歌よみたまえ」などと書いている。私は失くなられる度に因縁が深い。』 会津
 今年はこの香薬師を実物大で彫ってみたいと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 會津八一 1216 | トップ | 會津八一 1218 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。