会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1504

2017-08-10 19:08:13 | Weblog
会津八一に関するブログ 420

放浪唫草・第13首(会津八一) 2013・12・23(月)

 ふたたび厳島を過ぎて(第5首) 解説

  ひとり きて しま の やしろ に くるる ひ を
         はしら に よりて ききし しほ の ね

   (一人来て島の社に暮るる日を柱に寄りて聞きし潮の音)

 厳島神社の柱に寄りかかって潮の音を聞き、思いを詠う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1503 | トップ | 会津八一 1505 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事