会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 369

2017-06-18 20:08:19 | Weblog
会津八一に関するブログ 369

山鳩・第19首(会津八一) 2013・6・9(日)  解説

 ひかり なき とこよ の のべ の はて に して
        なほ か きく らむ やまばと の こゑ    

  (光無き常世の野辺の果てにしてなほか聞くらむ山鳩の声)

 光も色も音も無いであろう野辺の果てで、きい子が山鳩の声を聞いているだろうかと詠う八一の姿は悲しみにあふれている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1453 | トップ | 会津八一 1455 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。