会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1409

2017-05-03 19:52:51 | Weblog
会津八一に関するブログ 324

赤膚焼 2013・2・4(月)

 赤膚焼は桃山時代に大和郡山城主が五条村赤膚山に開窯した。赤みを帯びた器に乳白色の萩釉を掛け、奈良絵と呼ばれる絵付けを施した物がよく知られる。

観仏三昧(会津八一)第11首 

二十二日唐招提寺薬師寺を巡りて赤膚山(あかはだやま)正柏が窯(かま) に立ちよりて息(いこ)ふ       解説

  あかはだ の かま の すやき に もの かく と
          いむかふ まど に ちかき たふ かな    

   (赤膚の窯の素焼きに物書くとい向かふ窓に近き塔かな)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1408 | トップ | 会津八一 1410 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。