会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1424

2017-05-19 20:01:05 | Weblog
会津八一に関するブログ 339

観仏三昧(会津八一)第26首 2013・3・13(水)

 二十六日山内義雄に導かれて嵯峨に冨田渓仙の遺室を弔(とむら)ふ 第2首 解説

  ここ にして きみ が ゑがける みやうわう の 
         ほのほ の すみ の いまだ かわかず   

    (ここにして君が描ける明王の炎の墨のいまだ乾かず)

 不動明王の背景の火炎が墨でえがかれている。その墨が生々しく今も乾かないように見えると詠む。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1423 | トップ | 会津八一 1425 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。