会津八一&団塊のつぶやき

会津八一の歌の解説と団塊のつぶやき!

会津八一 1297

2017-01-04 20:49:15 | Weblog
会津八一に関するブログ 212

学徒出陣と出征1 2011・8・17(水)

 (昭和十八年秋)早稲田大学では六千名の学生たちのために、まず壮行会が安部球場でひらかれた。「祝学徒出陣壮行会」ののぼりがひるがえっていた。これは道人の大書したものである。壮行会がおわったあと、文学部長の日高只一は文学部玄関に学生をあつめて挨拶をした。それはまことに変わった一場の挨拶だった。「わたしは英文学の研究家で、戦争のことはよく分からない。しかし、一介の素人としての感想をのべたい。かってわたしはアメリカに留学し、フォードの自動車工場、ゼネラルモータースの工場を見学したことがある。厖大な規模その生産力は霞んでいるように広い工場内でたちまち組み立てられ、出口にはもう走るくるまとなって出てくるのである。そのような生産力と技術をもつ国と日本は戦っている。とても勝目のない戦さである。戦場に赴かねばならぬ君達が可哀想でならぬ。どうか、身体を大切にしてくれ」とハンケチで目頭を拭いて途切れとぎれに語った。
          ー秋艸道人・会津八一の生涯(植田重雄著)よりー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津八一 1296 | トップ | 会津八一 1298 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。