日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

山菜採り

2012-03-31 | きいてきいて
昨日は麗らかな日和に
山菜採りの頃あいと睨んで山に行く

わらび・土筆 あわよくば筍の1・2本をと
期待して大きな袋も入れて出発
と言っても家の後ろの矢田丘陵

この丘陵頂から若草山・春日山から
麓の東大寺まで見下ろせる




あと一週間もすれば、桜のトンネルや
浅葱に萌える木々に触れられるのだが
冬眠から覚めたヘビ達も花見にやって来るので・・ 


結果としては、収穫ゼロ
“ひと足早く 根こそぎ採って行かれた”と
すれ違った渋面の下山者
どこも厳しいね・・


と言う訳で、回り道して野菜を買って帰った次第





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

優勝祈願

2012-03-29 | きいてきいて
2012年 プロ野球は明日開幕

今年もメジャー流出選手がいて
少しさびしいが、このメジャー就職も年々
シビアになってきた。
ファンにとっては、これでいいのだ~


さて わが阪神タイガース
下馬評では もっぱらBクラス

投手と野手が かみ合えば“優勝もあり”の
メンバーなのだが・・。若手の伸び悩みも痛い

あっ! 戦う前から弱気は禁物でした
ここで一発 

輝く 我が名ぞ 阪神タイガース
オウ オウ オウ オウ
阪神タイガース フレフレフレフレ
♪♪ 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

琵琶湖にあそぶ

2012-03-27 | きいてきいて
昨日 宇治まで所用に出かけ
時間があまり、さてどうしようか?

宇治田原を越えて信楽に出るか・・
平等院に立ち寄るか・・と迷ったあげく
宇治川に沿って琵琶湖に出ることに。


この宇治川ラインは屹立する山々を
縫うように走るので、右岸左岸と繰り返し
谷底の水勢に目がくらむし
「浮舟」はこの当りかと想いだす



近江八幡あたりでランチ
対岸の比良山系は冠雪したまま

その山の向こうが「茶々や江」の生れ故郷
さらに、その向こうには若狭湾
「原発のメッカ」ながら、本日それはパス!



古代・中世では西岸が要衝となっていたので
あの時、この時を想像していたら
あっと言う間に折り返す時間

帰路は木津川の夕日を眺めながら奈良街道を
ゆっくり南下。
さても高騰ガソリンなんとかしておくれ
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがた迷惑?

2012-03-25 | きいてきいて
昨日は「春の嵐」襲来

この処 もの作りにハマっているので
天候など気にせず仕事・仕事


折角 断捨離したのに・・・
いや 歯止めの利かない脳の劣化にはこれが一番
と、自問しつつ やっぱり好きな事しよう!


百円ショップやユニクロに行けば
戦意喪失してしまいそうになるけど
“オンリーワン”のもの作りを目指そう



今日の作品は 孫のレッスンバック
事情を察して使っておくれ 
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

暴走

2012-03-21 | きいてきいて
えっ! なにするねん

某国の「弾道ミサイル発射」予告で
折角 取りつけた食糧支援も水の泡

亡将軍様の「恫喝・すかし」の駆け引き
「上手も苦労」も水の泡


“親の心 子知らず”は、どこにでもある事
カジノで財産をパーにしたり
健康にいい食事を作っても、外食ばかりの
息子や娘・・・とピンからキリまであるが

某総国民の命運をかけた
親心子知らず・水の泡 は、桁ちがい

若大将 親より「駆け引き」上手だったのか・・
と、おもいたいですね


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

春の味

2012-03-17 | きいてきいて
今日から彼岸の入り
生憎の雨で、気温も上がらず肩すかし


3・11を迎え この一年の無為無策を嘆きつつ
“ここで切れてはならぬ!”と仕切り直し


10数年来 この時期 土佐の文旦を
送ってくださる。
みずみずしく上品なお味は、天下一品



今年も「哀歓こもごも」の三月になりました




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

季節到来

2012-03-14 | きいてきいて
韃靼の行と共に
最後の寒波も去り、いよいよ春の日差し

秋蒔きの矢車草の蕾が大きく膨らみ
来週あたりが楽しみ



真冬でも、ユリ・かすみ草・カーネーション
や金魚草・ハイビスカスまでお店に並んでいるし
野菜や果物もそうなので、全く季節感ゼロ

とは言え、我家でも トマトやイチゴは
もはや通年の食材になっている。

“季節感”や“旬の味”など
工場生産化されると死語になってしまうのですね




布地をいただき早速クッションに 
これは季節感あり過ぎて一足跳びに夏モード!






コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あっぱれ!

2012-03-07 | きいてきいて
わが歳時記では 春は日展



完成された名画もいいが
同じモチーフに毎年挑戦し、進化
し続ける作品に感動させられたり

道半ばでも 止め処ない伸び代を
想像させる作品に出合って、勝手に
入れ込んで楽しむ気軽さもある


工芸部門では驚きが先にたつ

漆・染・陶・鋳金・鍛金など
技を究めると“ ここまで成るか”と
思い知らされる

もの創り にあっぱれ!
  & 羨ましい!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春よこい 早くこい

2012-03-05 | きいてきいて
3月に入ると
真っ先に反応したのが気温

“ふたば・ふたば”と小さな雑草の双葉を
見つけて得意げな孫

彼自身 双葉から、やっと本葉がでたところ
この春の陽を浴びてすくすく育て と
目を細める



3月の名残雪や春一番の洗礼もまだ

お水取りが済むまでは油断禁物の不確かな
季節ながら、冬の退席はもう時間の問題。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加