日々雑感

残りの人生 こころの趣くままに

さらば晩秋

2011-11-30 | きいてきいて
地方によって差はあるのでしょうが
出かけた紅葉の名所はイマイチばかりでガッカリ

“ 嵐吹く三室の山のもみじ葉は 竜田の川の錦なりけり”

その竜田の紅葉も、信貴山の楓やつたも精彩不足
やはり気象との折り合いがつかなかったのでしょうか・・


「大和のかくれ里」の九品寺まで足をのばし
葛城の山からみる大和盆地に ま・ほ・ろ・ば
とおもわず呟き、不振の紅葉も帳消し


さぁ 明日から師走。とんでもない年でしたが
「終わり良ければ すべて良し」になりますように・・



(窓からみた生駒山)


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

改革

2011-11-28 | きいてきいて
「大阪 秋の決戦」も維新に軍配



門外漢のワタクシも結果に興味深々だった。

変革か現状維持か 二者択一の攻防
「総論賛成・各論反対」に流れる世情にも
あらためて“ 大阪市民の意気みたり”のおもい


地方の改革がうねりになって明治維新に。
150年の制度疲労の変革も、まずここから
“しっかりやりなはれ!!” と熱いエールを送ろう



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

晩秋の一日

2011-11-26 | きいてきいて
京都市立美術館に。

ワシントン・ナショナルギャラリー展
クールベ、コロー、マネ、モネ、ルノアール
セザンヌ、ゴッホetc. 名前を聞くだけでゾクゾクする
印象派やポスト印象派の83点のほとんどが
初来日の作品


(ルノアール  モネ夫人とその息子)

あと2日の会期に駆け込みファンやリピーターで
じっくり、しっとり観賞とはいかなかったが
この観客数をみて
“うん! これが日本の知的水準の高さ”と
嬉しい納得


南禅寺・永観堂は紅葉の名所
今年はどうなってんの??
と いう有り様で、がっかりしたが
同行の友人達と“話の花”が咲き
またたく間に特大の花になり
こちらも嬉しい納得


真冬並みの寒さにコートの襟を立て
帰路の足取りも普段になく軽やかでした



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

刻々と・・

2011-11-15 | きいてきいて
今朝は今秋一番の冷え込み
ガラス戸もうっすら曇り
いよいよ来たか・・と一枚羽織る


店先の柿やリンゴも色を増し
葉もの野菜も安く出盛り
我家のベランダ菜園も影が薄くなる

“TPPで揺らぐ農家の気持ちわかる~”と
思ったり、“開国しなきゃ~”と考えたり
あっちにふらふら、こっちにふらふら。


迷ったり、嘆いたり、喜んだりしているうちに
この一年もあと一月半

あぁ 歳月人を待たず か!

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

再資源

2011-11-06 | きいてきいて
「ピンポ~ン」。ハ~イ と出てみると
高価で買います」と言うセールスマン

なんで ウチ? と思ったら、もう 卒装飾品
年代の家に的を絞ったらしい。
残念ながら年代以外は的外れ


古い「歯の金冠」(奥歯3連)しかないが
それでもいいの?と退散させるのに言ってみたら
即 ¥8000 と言ったので、こちらも即OK


奥歯には純度の高い「金」は弱くて
やり替える時にもらって保存していたもの

今回の断捨離をも かいくぐったシロモノ。
やったね


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加