SURGERY NOW note
がん治療と外科手術に関する新しい情報や日常診療を通じて感じたことなどを紹介します。
 



塚本晋也監督が、脚本、主演もつとめた自主制作映画が「野火」です。原作はもちろん大岡昇平さんの小説野火。映画の舞台は、第二次世界大戦で日本軍8万人が全滅したレイテ島です。今の我々と同じ普通の日本人が、陸軍上層部による完全な失敗作戦の中で敗残兵として苦しみます。戦争のバカバカしさ、空しさを自分の体験として感じることができます。ここ数年間では最もインパクトが強く素晴らしい映画です。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


«  カエサル著「内... »